レーザー脱毛や光脱毛など脱毛効果のある光は、黒い色素やメラニンを含む細胞に反応することはご存じでしょうか。

脱毛したい箇所にほくろがあると、ほくろに反応して肌トラブルになってしまうのではと、気になってしまいますよね。

今回は、ほくろがある場所の脱毛はどうなるのか、ほくろがあっても脱毛できるのかについて、紹介します。

脱毛方法により対処は異なる

脱毛したいのにほくろがある場合、脱毛する方法や光量などで、対処方法は異なります。

またほくろの大きさ、濃さはどの程度か、脱毛の結果をどうしたいのかによっても変わってきます。

ここからはそれぞれの脱毛法と、ほくろへの対処について詳しく見ていきましょう。

脱毛サロンの光脱毛の場合

脱毛サロンでおこなう光脱毛の際には、ほくろ部分を脱毛しないことが一般的となっています。

ほくろが小さい場合はそのまま脱毛することもありますが、大きく色素が濃いほくろとなると、シールでほくろ部分を覆い隠し、脱毛の光が当たらないようにして、光を照射する形を取ります。

そのため、ほくろに生えているムダ毛はそのままということになります。

医療機関で行うレーザー脱毛の場合

医療機関やクリニックで行うレーザー脱毛では、ほくろが余程大きいものでい限り、ほくろ部分にもレーザーの照射を行います。

そしてレーザー脱毛の光量は非常に強いため、ムダ毛とともに、ほくろも消滅してしまうことも。

ほくろが嫌であれば問題ありませんが、残したい場合は相談してくださいね。

但し、ほくろが大きい場合だと対処法が異なります。

あまりにも大きなほくろにレーザーの光を照射すると、強い痛みや肌へのダメージが大きいことから、脱毛サロンと同じく、ほくろ部分へのレーザー照射は避けることになるでしょう。

電気脱毛の場合

電気脱毛は毛穴に特殊な針を刺し、その針に電流を流してムダ毛を一本一本脱毛していく方法です。

この場合はほくろがあっても邪魔になることは無く、ほくろがある部分でも脱毛が可能です。

しかし、非常に大きなほくろにムダ毛は生えている場合は電気脱毛の対象外となり、脱毛前のカウンセリングでその部分への対処を検討する必要性が出てくるでしょう。

まとめ

上記のように、脱毛したい箇所にほくろがある場合、その大きさと脱毛方法によって対処が異なるということがわかりました。

小さいほくろであれば、脱毛方法の選択肢により、ほくろごと消してキレイにすることも可能です。

また脱毛の契約をする前に、脱毛箇所にあるほくろについては、しっかりと相談することをオススメします。

せっかく脱毛を受けるのに、相談していないことで嫌な思いをするのは、勿体無いです。

気持ちよく脱毛の施術を受けて、キレイな素肌を手に入れましょう。