カミソリを使ってのムダ毛の自己処理は、最もポピュラーな脱毛方法ですよね。

手軽で簡単に行えることができ、経済的負担も少なく、メリットの多い処理方法といえるでしょう。

ですが、カミソリ負けに悩まされるというデメリットもあります。

そんなカミソリによるムダ毛処理で、カミソリ負けを起こしてかゆいというトラブルを回避するための方法や、対処法を紹介したいと思います。

カミソリ負けになる原因とは

まずはどうしてカミソリ負けによって肌がかゆくなってしまうのか、その原因について掘り下げてみていくことにしましょう。

カミソリ負けにならないようにするには、どのような注意が必要なのか。

そして、カミソリ負けによるかゆみを早急に改善するための予防策や対処法を探ります。

カミソリ負けを起こすこと

  • カミソリの刃が切れない、カミソリの刃をしばらく交換していない
  • シェービングローションなど、カミソリ専用のスキンケアアイテムを使用していない
  • 肌の状態があまり良くないときにカミソリを使用した(月経時やカゼなど)
  • 同じ箇所を複数回剃った
  • 逆剃りをした
  • 剃った後の傷跡に雑菌が入り、肌トラブルをおこした

かゆみを止める、かゆみが出ないためにするには

ここからはカミソリでムダ毛を剃った後の、かゆみの改善と予防策について見ていきましょう。

重要な項目は、大きく2つになります。

掻くのはNG

カミソリ負けは確かにかゆいですが、だからといって掻きむしると、さらなるかゆみが生じてしまいます。

掻くことを止めない限り、かゆみの連鎖は止まらなくなり、肌にも悪い影響を及ぼします。

まずはかゆくてもぐっと我慢し、かかない努力をしてください。

カミソリ負けの部分を冷却、保湿

カミソリ負けがあり、かゆいという場合には、カミソリ負けの部分をしっかり冷却してみましょう。

冷却後は肌の乾燥をさけるため、保湿をするのが望ましいです。

かゆみは乾燥によっても引き起こるので、カミソリ負けしていない状態でも、ムダ毛処理をしたら保湿することを心がけてくださいね。

かゆみを対処する上での注意点

カミソリ負けによるかゆみ対策には、いくつか注意することがあります。

下記のような状態になっている場合には、肌への負担が大きいので、肌の状態を確認しながら慎重に行ってください。

保湿成分入りのコスメをつけるとヒリヒリする場合

化粧水だと刺激が強いので、クリームや乳液で肌を保護するようにしてみましょう。

すでに掻きむしっているカミソリ負けの場合

肌表面に無数の傷がついていて、炎症を起こしやすくなっています。

冷やす際は衛生状況に注意し、雑菌などによる肌トラブルに陥らないように気をつけてください。

まとめ

カミソリ負けでかゆくなると、どうしても掻きむしってしまいがちです。

しかしそのせいで色素沈着を起こしたり、肌の炎症に悩んでしまうといったトラブルで、キレイな素肌から遠ざかってしまいます。

カミソリ負けで深刻な肌トラブルに悩むことにならないよう、ムダ毛処理をする場合には十分な配慮が必要です。

また肌トラブルを避ける脱毛として、脱毛サロンや医療機関での脱毛を選択するのも一つの手です。

そういったところは「お金がかかる」「痛いのではないか」と思いがちですが、最近ではリーズナブルで安全安心に脱毛を行っているところは、右肩上がりに増えています。

そしてプロによる脱毛なので、格段にキレイな仕上がりになるのは間違いありません。

カミソリ負けの心配を解消できる、脱毛サロンや医療機関での脱毛を考えてみてはどうでしょうか。