「女性だけど毛深い」との悩みを抱えている人は、非常に多くいます。

毛深いせいでキレイに処理できない、時間がかかって大変など、余計な手間やストレスがかかってしまうこともあるでしょう。

なぜ毛深いのかそのメカニズムを理解して、自分に合った方法を選択することも大切です。

毛深いことの原因や、オススメのムダ毛処理方法を紹介していきます。

自分に合った方法を見つけ、ムダ毛に悩まない素肌を手に入れましょう。

毛深い原因とは?

まずは女性が毛深くなる原因を確認してみましょう。

その原因については、大きく分けて2つあります。

遺伝的・先天的な要因

まず毛深い女性の多くは、遺伝的・先天的要因でムダ毛が濃くなることがあげられます。

両親のどちらか、または両親ともに毛が濃いという場合には、女性でも高い確率で毛深い体質になってしまうでしょう。

また両親が毛深くなくても、祖父母など家系に濃い体質の人がいれば、受け継ぐこともあります。

後天的・外部要因

両親や身内で毛深い人はいないけど、自分だけ毛深い、その場合は内分泌や生活習慣が関係していると思われます。

ホルモンバランスの乱れ

女性の体は、非常にホルモンバランスの影響を受けやすい特徴があります。

女性ホルモンのバランスが崩れると、体には様々な症状が起こります。

例えば月経時だと肌荒れやPMS。

そして毛深くなるという現象も、ホルモンバランスが崩れたことで引き起こすと言われているのです。

これは女性ホルモンの分泌が減る時期である、思春期や妊娠期、更年期に多く見られます。

ダイエットやバランスの悪い食事内容

女性ホルモンは、体脂肪から作りだされることはご存じですか。

そのため過度なダイエットを行うことで体脂肪が急激に減少すると、女性ホルモンの分泌が低下し、毛深くなる要因となります。

また肉類中心の食事ばかりだと、男性のように毛深くなることも。

バランスの良い食生活は女性ホルモンの分泌を促しますが、「野菜を食べない」「肉類、脂質の多い食事中心」だと、男性のような濃い毛が生える原因となってしまうでしょう。

生活リズムの乱れ

睡眠や運動の不足、アルコールの過剰摂取や喫煙などは、自律神経失調症につながります。

自律神経が上手く機能しなくなると女性ホルモンが分泌されず、体内が男性ホルモン優位の状態になり、毛が濃くなるのです。

ストレス

ストレスは全身の状態に、非常に大きな影響を与えるものです。

特に内分泌が深く関係する自律神経は、ストレスに非常に弱く、自律神経の状態が乱れると男性ホルモンの分泌量が多くなります。

ストレスにより男性ホルモンの分泌量が増えると、必然的に毛が濃くなってしまうでしょう。

女性の毛深さと性格の関係

科学的に証明されているわけではありませんが、「毛深いこと」と「性格」は何らかの関係があるとも言われています。

男性のような性格

毛深いことの原因の一つに、ホルモンバランスがあります。

男性ホルモンが優位になるほど、毛深くなることは明確な理由のため、男性的特徴が性格にあらわれてもおかしくありません。

自信のない性格

「女性なのに毛深い=容姿に自信がない」というコンプレックスから、自信のない性格になってしまうことも考えられます。

コンプレックスのせいで人の目が過剰に気になり、そのせいでまた自信をなくすという、負のスパイラルに落ちてしまいかねません。

毛深いと生じてしまう5つのこと

更に毛深いことで生じてしまう、残念な面を紹介します。

ファッションが楽しめない

ミニスカートやノースリーブなどのファッション、うなじが出るヘアアップなど、毛深いことで肌を露出したスタイルを避けていませんか?

素肌がツルツルであれば、自分もこんなファッションをしてみるのに‥と挑戦できないことは、とても悲しい気持ちになりますよね。

プールや温泉などのレジャーが楽しめない

プール、海のレジャーや温泉旅行は、毛深い人はヒヤヒヤしっぱなしではないでしょうか。

ムダ毛の処理漏れはないか、チクチクと短い毛が生えてきてないかと心配ばかりで、心から楽しめないかもしれません。

脱毛に費やす時間がもったいない

毛深いとムダ毛を処理する時間は、かなりかかってしまうでしょう。

自分では手の届かない背中やうなじまでキレイにしようとすると、時間も膨大にかかり、ケガまで負う恐れがあります。

またやっとの思いで処理を終えても、すぐに生えてきて処理を繰り返すという手間からは逃れられません。

彼氏より毛深いことも

一番ショックなことといえば、彼氏より自分のほうが毛深いことではないでしょうか。

「彼女が自分より毛深い!」と思われてないか気になって、親密な仲になれないなんてことも。

肌トラブルも起きやすい

毛深いとムダ毛の処理回数も多くなりますよね。

そして処理を重ねるたび、肌のバリア機能は低下してダメージを受けやすい脆い肌になってしまいます。

そうなると肌が赤く腫れたり、乾燥で粉をふいたりと、肌トラブルも頻繁に起こってしまうでしょう。

海外のムダ毛事情

毛深いことに悩んでいるのは、日本の女性だけではありません。

海外の女性は、ムダ毛とどのように向き合っているのか紹介していきます。

脇毛をオシャレに変身?!

海外のアーティストでは、脇毛をわざと生やして「女性でも脇毛を生やすことを認めるべき!」という運動を起こしています。

その中の事例として、脇毛をカラフルに染めたり、可愛くカットしたりと、一つのオシャレとして取り入れているそうです。

デリケートゾーンはツルツルが常識

アメリカやイギリスなどでは、性病予防という観点から「デリケートゾーンの脱毛は必須」の傾向が見られます。

そのためデリケートゾーンはムダ毛1本もなくツルツル!という人も多くいるとか。

蒸れやかぶれも少なく、衛生的にも良いといえますね。

日本はムダ毛に対してシビアな国!

日本人はムダ毛に限らず、臭いなどにおいても「無」を意識し、好む人種といえるでしょう。

それは汗などの人体の消臭グッズから、靴や空間の消臭グッズまで、多種多様に存在することからも、徹底されていることが伺い知れます。

それと同じく、今ではムダ毛の処理も様々な方法があるのです。

オススメのムダ毛処理方法

ここからはムダ毛の処理方法について、詳しく掘り下げていきます。

どのようなムダ毛の処理方法があるか、メリットやデメリットがあるのかを見ていきましょう。

手軽にムダ毛を減らすことができるものから、お金と時間をかけて確実に根絶するムダ毛対策などたくさんあるので、自分に合ったものを取り入れてみてくださいね。

自己処理によるムダ毛対策

まずはセルフケアによる、ムダ毛処理を紹介します。

セルフケアは何と言っても自分で行うので、思い立ったらすぐにできることや、比較的安く済ませることができるのが最大のメリットです。

剃る

自己処理でのムダ毛処理として、多くの人が実践しているのが「剃る」という方法でしょう。

ツールは大きく分け3つあり「カミソリ」「電気シェーバー」「トリマー」という方法になります。

カミソリの場合

カミソリは非常に手軽にできるため、とくに毛深い女性には頻繁に用いられるムダ毛処理方法です。

しかし肌への負担は非常に大きく、使い続けることで深刻な肌ダメージを与えてしまいます。

毛深い女性の場合は毛が太く硬いため、カミソリ処理を繰り返すうちに深刻なカミソリ負けや肌荒れ、毛穴トラブルに悩むことになりかねません。

電気シェーバーの場合

カミソリよりは肌への負担が少ないものの、深く剃ることができないため、毛深い女性にとっては物足りないムダ毛処理といえます。

トリマーの場合

トリマーは先端が刃になっているペン型タイプで、バリカンのようなムダ毛処理器です。

うぶ毛などを処理することを得意としているものなので、毛深い女性の毛をしっかりと剃ることは難しいでしょう。

抜く

「抜く」方法は、肌や毛穴に対するダメージが非常に大きく、さらに痛みも伴います。

この方法も多くの人が行っていますが、毛深い女性だと毛が多いぶん痛みは強烈、また肌や毛穴へのダメージも大きく残してしまいます。

また抜く方法では、埋没毛という肌トラブルも起こしやすいでしょう。

毛抜きの場合

毛根から引き抜くため、次の毛が生えてくるまでの期間が長いというメリットがあります。

しかし毛穴や毛穴周辺組織に与えるダメージが大きく、後で後悔することが多い処理方法でしょう。

毛深い女性にとってはこの負担やリスクがかなり大きいので、絶対にオススメできない方法です。

ワックス・脱毛テープの場合

広範囲にわたるムダ毛を一気に抜くことができる方法で、手早く処理できるというメリットがあります。

しかし肌に必要な細胞や皮脂も同時に引き剥がしてしまうため、与えるダメージは計り知れません。

また毛深い女性がワックスで脱毛する際には、強烈な痛みから苦痛を伴うでしょう。

焼き切る

ムダ毛を「焼き切る」という方法もあります。

毛穴のダメージや肌トラブルを起こす原因が少ない方法ですが、毛深い女性は毛の本数も非常に多いことや、毛が濃くて太いことから、脱毛効果はあまり期待できないといえます。

除毛器の場合

ムダ毛の上で滑らせて、電熱線でカットする手法です。

深剃りができないため、毛深い女性のムダ毛を目立たないようにするには、心もとないでしょう。

ヒートカッターの場合

VIOラインなどデリケートゾーンのムダ毛を、水着などからはみ出さないよう、毛を短くカットするためのものです。

デリケートゾーンのムダ毛をカットするだけなら、非常に役に立つアイテムといえます。

ムダ毛をカットする以外には不向きなので、毛深い女性の体毛を処理するには不向きでしょう。

薬剤

薬剤の効果で除去や薄くするなど、ムダ毛を目立たなくする方法です。

肌の弱い人が使用すると炎症を起こしたり、かゆみや湿疹につながることもあるので、注意が必要です。

除毛クリームの場合

除毛クリームは、見えている部分のムダ毛をキレイに取り去ることができます。

しかし化学成分が含まれているので、肌には大きな負担を与えてしまうのが難点です。

塗るだけという簡単な処理方法ですが、毛根から取り去るわけではないので、すぐに新しいムダ毛が生えてきてしまうのが面倒ですね。

抑毛剤の場合

コストは高くなりますが、毛の生える周期を遅らせたり、毛が成長しようとする働きを抑制することができます。

この方法は個人差が大きいムダ毛対策となりますが、肌には優しいので敏感肌には安心です。

ただ毛が多いとその効果も薄いため、毛深い女性にとってはあまり効果を期待できないでしょう。

プロによる脱毛が一番!

自己処理と比べるとコストは高くなりますが、脱毛サロンや医療期間での脱毛の効果は、自己処理とのそれとは比較にならないほど高いもの!

また肌トラブルや再び生えてくるという悩みからも開放されるでしょう。

ムダ毛の悩みについても相談できるので、安心して任せることもできますね。

脱毛サロン

脱毛サロンでは、光脱毛を取り入れているところがほとんどです。

自然な仕上がりや肌への負担も少ない方法となり、痛みもほぼないのが特徴といえます。

医療機関で行うレーザー脱毛より、低コストで脱毛できるのも魅力の一つでしょう。

光脱毛という肌に優しい方法なぶん、時間はかかりますが、通うたびにムダ毛が薄く少なくなる喜びを得ることができます。

毛深い女性は脱毛の効果がはっきりと出やすく、より高い効果を感じることができるメリットもあります。

医療機関

医療機関で行うレーザー脱毛も、毛深い女性にとっては非常に有効な手段です。

光脱毛より効果が強く、レーザー脱毛をした部分から毛が生えてくることがないため、毛深いことが悩みの場合には最も効果的な方法となります。

ただし毛深い状態から一気に脱毛が完了してしまうため、自然な仕上がりを求めるなら不向きです。

それは脱毛している箇所としていない箇所がくっきり分かれてしまうので、脱毛していないところが目立ってしまうことによります。

ですが、それほど脱毛効果に期待できるという裏返しでもあります。

まとめ

ここまで紹介した方法を組み合わせることで、より毛深いムダ毛を協力に排除することもできます。

遺伝的に毛深い、後天的な原因で毛深い、どちらにしても色々な工夫をすることで、毛深いという悩みを解消することは可能です。

毛深いことを言い訳にキレイになることをあきらめず、自分に合った対処方法を見つけてみてはいかがでしょうか。