ムダ毛の自己処理を繰り返していると、必ずといっていいほど発生する肌トラブルの一つが埋没毛。

気になるあまり皮膚から引き出して、無理矢理取り除いてしまおうとした経験がある人は、多いのではないでしょうか。

この埋没毛、無理に取ってしまうと、のちのち深刻な肌トラブルに悩むようになります。

もし埋没毛で悩んでいるのであれば、ぜひこの記事を読んで、埋没毛の原因や対策に理解を深めて対処しましょう。

埋没毛とは?

埋没毛とはムダ毛が皮膚の中に埋没してしまって、表面に出てこない、または一部しか出ていない状態になっている毛のことを指しています。

皮膚の表面部分にあるので、毛があることは目視で確認できますが、薄い皮膚におおわれているため、剃ろうとしても出来ません。

もちろん毛抜きで引き抜こうにも、つまむことができない状態になっています。

埋没毛ができてしまう原因

埋没毛はどうしてできてしまうのか、それは大きく2つの原因があげられます。

どちらも自己処理による脱毛が原因で、脱毛後のお手入れを怠ってきたために埋没毛になっているといえます。

カミソリ・毛抜きでムダ毛の自己処理

過去にカミソリや毛抜きを利用してムダ毛の処理をした人は、毛穴周辺の組織が少なからず傷ついています。

これらによるムダ毛の処理は、毛穴や毛穴周辺組織に大きな悪影響をあたえ、長期にわたってダメージを残してしまいます。

処理後に保湿をしっかりほどこせばいいのですが、ケアを怠っていると埋没毛ができる大きな原因を作りだすのです。

そのため埋没毛を引き起こしているのでしょう。

埋没毛ができてしまうメカニズムは、このようになっています。

  1. ムダ毛をカミソリや毛抜きで処理した際、毛穴周辺組織が傷つく
  2. 傷ついた毛穴周辺組織が炎症を起こす、または乾燥してダメージを残す
  3. 炎症やダメージを修復しようとした肌は、毛穴があるにもかかわらず、肌表面を修復しようと新しい肌細胞で炎症部分を覆うように形成してしまう
  4. その毛穴から生える毛は、出口を皮膚で覆われてしまったため肌内部で成長、埋没毛となってしまう

またムダ毛の自己処理の経験がない人、ブラジリアンワックスのような抜くタイプの脱毛サロンの施術でも、毛穴周辺組織がダメージを受けていれば、埋没毛ができる可能性があります。

肌表面に古い角質がたまり、毛穴をふさぐ

ムダ毛がある部分の肌の新陳代謝能力が低く、古い角質や老廃物が蓄積しているという場合でも、埋没毛を作りだしてしまう可能性があります。

ムダ毛の処理が正しく行われたとしても、アフターケアをしないことで、肌のターンオーバーが乱れて埋没毛になってしまうのでしょう。

埋没毛の適切な処理方法とは?

埋没毛はどのようにして解消したらよいのか、ここからは埋没毛の処理方法について紹介します。

埋没毛を見つけたり、悩んでいたりすれば、これらの処理方法をぜひ試してくださいね。

ボディスクラブを使ってみる

細かい粒子を配合して、洗いながらその粒子の摩擦によって、古い角質を効率的に排除していくというのがボディスクラブです。

埋没毛を形成している要因である古い角質を落とし、新しい肌細胞の生成を促す役割のあるボディスクラブなら、埋没毛が表面に出てくることに期待できます。

すぐに効果を実感できなくても、使い続けているうちに埋没毛解消へと導いてくれるので、根気よく使用してみましょう。

また肌のターンオーバーを促進させることができるため、埋没毛が解消されていくのと同時に、古い角質や老廃物のないツルツルな肌を実現できます。

ピーリングをしてみる

古い角質を排除し、新しい肌細胞の生成を促進する働きのあるスキンケアといえば、やはりピーリングも忘れてはいけません。

ボディスクラブは研磨剤で表面を磨いて落とすタイプなのに対し、ピーリングは表面の必要のない古い細胞を酸の力で溶かし、新しい細胞を表面化するといった方法になります。

効果はピーリングに使用する薬液の濃度や成分によってことなり、肌が弱い人は肌トラブルになる場合もありますので、注意が必要です。

まずはピーリング効果のあるコスメから始めてみて、効果を確かめながら徐々に高い効果を発揮するピーリングに移行するとよいでしょう。

埋没毛を予防する方法

普段からスキンケアを心がけることで、大部分の要因を排除し、埋没毛になってしまうのを予防できます。

埋没毛になってしまうと厄介ですので、作り出さないための予防は大切です。

ムダ毛の自己処理を行わない

埋没毛を作らないための一番の手段は、自己処理をしないことです。

特に毛抜きでの処理は、毛穴周辺に非常に大きな傷跡を残してしまい、埋没毛を避けることは難しくなります。

どうしても自己処理をしなければいけないという場合には、毛抜きは絶対に避け、肌に優しく剃ることができるシェーバーで剃る方法を選択してください。

新しい肌細胞の生まれ変わりを促進

要するにターンオーバーを正常化し、肌の代謝力を常に維持することが、埋没毛ができにくい環境となります。

古い角質で肌表面や毛穴を覆ってしまうと、どうしても埋没毛になってしまいます。

これらはその他の肌トラブルの要因にもなるので、肌の代謝力を上げるのに越したことはありません。

そのために必要なことは、体全体の代謝が良いということが重要です。

ストレスや過労、偏った食生活、睡眠不足や運動不足の解消を心がけてください。

また生活リズムを整えることで、肌の代謝機能も整ってきます。

自然に肌のターンオーバーが活発になり、埋没毛を生みだしてしまう古い角質の排出もスムーズに行われるようになります。

肌を柔らかくしておく

肌に柔軟性を持たせることも大切な要素です。

表面が硬化している肌は埋没毛ができやすいですし、肌トラブルも起こりやすくなっています。

肌の柔軟性を保つために必要なのが、肌を徹底的に保湿し乾燥から守るということです。

保湿を徹底することで角質も柔軟になり、古い角質の排出も、新しい角質の誕生もスムーズになります。

脱毛サロンや医療機関での脱毛をする

そもそもムダ毛がなければ、埋没毛に悩むこともありません。

ムダ毛をなくすことは、埋没毛をなくす効果的な方法だといえます。

毛が生えるというメカニズムが消失するため、埋没毛に悩む必要が全くなくなります。

また脱毛サロンなどの光脱毛よりも、医療機関で行うレーザー脱毛の方が高い効果を得られるでしょう。

まとめ

埋没毛はとても目立つ肌トラブルであり、できてしまうと自然に治ることは難しいものです。

だからといって皮膚の中から無理に引っ張り出すと、さらなる埋没毛や肌トラブルを生みだしてしまい、ますます負のループに陥ってしまいます。

埋没毛の対処法は肌に優しく、埋没毛ができてしまう原因を排除するような方法で行ってください。

そして埋没毛は、普段しっかりとしたスキンケアをおこなっていないという裏返しです。

埋没毛に悩むことがないよう、普段から埋没毛ができにくい、健康で美しい肌環境を作っていくように努力してみましょう。