ムダ毛処理をすると高まるリスクが、毛穴のブツブツ。

せっかくムダ毛を処理にしても、毛穴が目立ってしまうのでは、キレイになるためのムダ毛処理とはいえませんよね。

そこでムダ毛処理をすることで目立ってしまうブツブツ毛穴や、凹凸が残ってしまった毛穴に対して、どのように対処したらよいのかを紹介していきます。

ムダ毛処理で毛穴が目立つ理由

ムダ毛の処理方法は世の中にたくさんあふれています。

非常にキレイな仕上がりが期待できる脱毛サロンや医療脱毛のレーザー脱毛。

脱毛サロンとは違ったブラジリアンワックスでの脱毛や家庭用脱毛器も、最近では豊富になってきています。

そしてセルフケアとしては、カミソリや毛抜きによるものが手軽で安価であり、最もポピュラーなムダ毛処理方法ですね。

このようにムダ毛の処理方法はたくさん存在しますが、どの方法が毛穴トラブルを引き起こしやすいのでしょうか。

ブツブツとした目立つ毛穴になる処理方法は?

先述の中でも特に毛穴や毛穴周辺に負担がかかり、毛穴が目立つ原因となるのが、カミソリと毛抜きを利用したムダ毛処理になります。

自己処理を繰り返していくうちに、このトラブルを悩むようになる人も多いでしょう。

毛穴や毛穴周辺組織にダメージを与える処理方法は危険

なぜ毛穴がブツブツと目立つようになってしまうのでしょうか。

その理由としてはカミソリによる脱毛は、ムダ毛と一緒に毛穴周辺の組織も一緒に剃り落としてしまうため、皮膚炎や肌トラブルを起こしやすくするためです。

毛抜きによるムダ毛処理の場合、毛を無理に引き抜くことで毛穴の毛根にある組織、肌表面にある毛穴周辺の組織にも大きなダメージを強いることになります。

こうしてできた炎症が重なって毛穴がブツブツになってしまうと、本来のキレイな肌に戻すことは至難の業です。

ブツブツ毛穴を予防するには?

ブツブツ毛穴にならないようにするムダ毛処理方法は、ないのでしょうか。

ここからはムダ毛処理をしても毛穴がブツブツ状態にならないようにするための、ムダ毛処理テクニックを紹介します。

ムダ毛処理前後は清潔にし、消毒をする

ムダ毛をカミソリや毛抜きで処理した後、ブツブツとして目立つ状態になってしまう理由は、毛穴や毛穴周辺の肌のトラブルや炎症が原因です。

こうした状態を避けるためには、ムダ毛処理の前後に雑菌を死滅させ、清潔な状態にしておくことがポイントになります。

ムダ毛処理の前後、処理部分を消毒して清潔にし、炎症やトラブルを予防しましょう。

定期的にピーリングを行い、角質を薄い状態に保つ

余計な角質を取り除き、肌の新陳代謝やターンオーバーを促進することも、ブツブツ毛穴に効果があります。

そのためには、定期的なピーリングをすることがオススメです。

角質除去、毛穴の汚れを排除すると同時に、新しい肌細胞の生まれ変わりを促進するようにしましょう。

光脱毛、レーザー脱毛での脱毛

脱毛サロンの光脱毛、医療機関のレーザー脱毛で脱毛することは、セルフケアでのムダ毛処理によって目立った毛穴を予防するのに、非常に効果的な方法です。

脱毛することで毛穴の役割も少なくなり、毛穴が小さく目立たなくなります。

まとめ

ムダ毛処理に付きまとう毛穴の悩みは、処理の方法に気をつけることで、緩和されます。

セルフケアからプロの脱毛まで、毛穴を目立たなくする手段はたくさんあるので、自分の好みや毛穴の状態を見極め、色々な方法にチャレンジして改善していきましょう。