妊娠や出産は、人生において大きなターニングポイントとなりますが、脱毛にも深く関わってくることはご存じですか?

肌に大きなトラブルがある時、生理時のVIO脱毛を除いて、ほとんどの場合はいつでも脱毛を受けることが可能です。

しかし妊娠中や出産後の授乳の時期に、脱毛サロンやクリニックの脱毛を受けることはできるのでしょうか。

今回は妊娠中、授乳中の脱毛について、紹介していきます。

妊娠中の脱毛について

脱毛は完了するまでに、ある程度の期間を必要とします。

その脱毛期間中に妊娠が発覚すると、脱毛できない場合がほとんどで、それは脱毛サロンやクリニックのどちらにおいても、不可となっています。

ではなぜ妊娠中の脱毛は行えないのか、一つひとつ確認してみましょう。

脱毛の刺激がストレスになる

脱毛の施術で知らずしらずに受けるストレスがきっかけとなり、妊娠中に体調を悪くしてしまう可能性は少なからずあります。

脱毛でキレイになりたいとの前向きな気持ちがあったとしても、光照射の痛みを完全にストレスなく受けることは難しいでしょう。

またいつもは痛くなくても、妊娠中は著しく体の変化が見られるので、痛みの感じ方も変わってきます。

母体に与えるストレスを考慮して、脱毛は不可としているのです。

但し、脱毛の光は胎児への影響はないと言われているので、妊娠初期に気づかずに通っていても、過度に心配する必要はありません。

脱毛による肌トラブル時に薬の使用ができない

妊娠中に脱毛の施術を受けたとして、肌トラブルが起きてしまい、塗り薬や飲み薬による治療を必要とした時、処方できる薬が限られてきます。

肌は強い方だから大丈夫と自信があったとしても、妊娠中の肌の状態は通常と大きく異なっているため、油断できません。

万が一、トラブルが起きたときに対処できない観点からも、脱毛はできないのです。

出産後に再びムダ毛が生えてくる?

妊娠中はホルモンの分泌が通常時とは異なり、ムダ毛の量や濃さが増すという人がほとんどです。

出産後に元に戻ることがほとんどですが、中には前より毛深くなるケースも。

そのため妊娠中に脱毛をしたとしても、出産後にホルモンバランスが崩れた影響で、毛が生えてしまうこともあります。

キレイになりたいとの思いで脱毛をするのに、正反対の結果になってしまっては残念すぎますので、やはり脱毛はオススメできません。

授乳中の脱毛について

出産を終え、授乳の時期となると、脱毛サロンやクリニックによって、対応は異なってきます。

妊娠中と同じく授乳中も脱毛は不可としている所もあれば、乳輪や胸周辺の脱毛以外であれば、施術可能な所もあります。

脱毛の施術が母乳に何らかの影響を及ぼすことはありませんが、様々な理由により、授乳中の脱毛は不可というサロンやクリニックのほうが多いでしょう。

毛が濃くなるホルモンが分泌されている

授乳中は母乳を作りだす、プロラクチンというホルモンがたくさん分泌されています。

このプロラクチンには母乳を生産する以外に、体毛を濃くする働きもあります。

そして授乳を終えるとプロラクチンも減少していき、一時的に濃くなった体毛も元通りに戻るのです。

このことから授乳中はムダ毛が濃く多くなる傾向があるので、脱毛はオススメできません。

脱毛中に母乳がたまり、胸が張ることも

脱毛サロンやクリニックなどで、赤ちゃん連れでの施術は受けてくれない場合がほとんどです。

そのため脱毛をするのであれば、赤ちゃんを家族などに預けておく必要があります。

脱毛の施術で母乳を与えない時間が長くかかれば、胸が張り、苦しくなってしまうこともあるでしょう。

妊娠が発覚次第、サロンなどに連絡を!

妊娠したことが判明したら、脱毛サロンやクリニックに連絡をして妊娠の旨を伝え、脱毛の予約を取り消してください。

通っているサロンなどによっては、解約金や返金に関わることもあるので、なるべく早めに妊娠を伝え、今後の脱毛について相談しましょう。

通い放題・無制限などのコースの場合

通い放題や無制限のコースの場合、妊娠から授乳が終わるまでの間に「休止」という形をとれることがほとんどです。

出産や授乳が落ち着いてから、また脱毛を再開することができます。

月額制のコースの場合

月額制で月々の料金を支払っている場合には、すぐに退会手続きを取るようにしてください。

手続きが遅れると、翌月や翌々月まで料金が発生してしまうこともあり得ます。

回数券を利用するコースの場合

回数制のコースの場合、保証期間や返金対象期間を設定していることが多いですが、その期間内であれば返金してもらうことができます。

但し保証期間が短い場合もあり、妊娠出産、そして授乳が終わるまでに保証期間が切れてしまう場合には、期間の延長や返金の可否を問い合わせてみるようにしましょう。

まとめ

妊娠中や授乳中は脱毛は一旦お休みし、赤ちゃんと母体を優先した生活が第一です。

早くキレイになりたい気持ちもあるでしょうが、妊娠中は赤ちゃんと自身が無事に出産を終えることが一番の優先事項。

出産後に母乳で育てるのであれば、脱毛効果のことを考えて、卒乳してから再開するほうが後悔しない脱毛になります。

やがて子どもが大きくなったときに、「ママはいつでもキレイ!」と言われるような自慢の母親を目指して、脱毛も計画的に行いましょう。