最近は医療機関のレーザー脱毛を受けて、脱毛を済ませる女性が多くなりましたね。

ツルすべの素肌を目指すべく、最適な周期で予約を入れたいとことですが、女性には月に一度やってくる生理が脱毛を阻んでいることでしょう。

レーザー脱毛は、医療機関でしか扱えない強力な脱毛方法でありますが、生理前や生理後では効果に違いはあるのでしょうか?

また生理中の脱毛はできるのかも気になりますね。

今回はレーザー脱毛と生理前、生理後の効果の差について、そして生理中の脱毛について紹介します。

生理前と生理後だと効果に違いはある?

生理前といえば、情緒不安定になったり、皮脂が大量に分泌されたりと、PMSの影響で心身ともにボロボロな状態の人が多いもの。

一方で生理後は、生理のストレスから開放され、黄体ホルモンも多く分泌されることから、肌の状態も好調になっていきます。

生理の前後では、体や肌の状態も全く異なりますが、レーザー脱毛の効果にも影響はあるのでしょうか。

生理前でも生理後でもレーザー脱毛は可能

医療機関で行うレーザー脱毛の光量は、脱毛サロンなどの光脱毛に比べると非常に高いため、生理前でも生理後であっても脱毛効果にさほど違いは出ないということがほとんどです。

但し肌の状態は全く違うため、脱毛の施術中や施術後の状態に違いが出るケースもあります。

生理前は痛みが強いことも

生理前のレーザー脱毛の場合、通常より痛みを強く感じることがあります。

生理前は肌が敏感になっているため、レーザー脱毛の光の刺激を強く受けてしまうことからきているのです。

ですが毎回という訳ではなく、前回の生理前脱毛は痛かったけど、今回の生理前はさほど痛くなかったなど、違いがあることも。

生理前の肌が不調な時期でも施術を受けることはできますが、痛みに対する理解はしておきましょう。

生理後のレーザー脱毛はより安心

生理後は肌の状態も向上していくため、肌への負担や肌トラブルのリスクも低く、安心してレーザー脱毛を受けることができます。

また肌が健やかな状態を維持できる時期になるため、レーザー脱毛の効果も肌奥の毛穴にまでしっかり届き、より高い効果を得ることができるでしょう。

生理中でもレーザー脱毛は受けられる?

医療機関で行うレーザー脱毛は、生理中であっても特定の部位以外は受けることができます。

特定の部位とは、VIO脱毛など生理の経血に関わるデリケートゾーンです。

前述の通り、レーザー脱毛の光は非常に強力で優れた効果を発揮するため、生理周期の中で最も肌の調子が優れない生理中でも、脱毛効果を毛穴の奥深くにまで届かせることができます。

肌トラブルを起こしやすい一面も

生理中の脱毛でも、効果にはさほど影響しないレーザー脱毛ですが、デメリットもあります。

それは生理中は肌がデリケートな状態なため、肌トラブルを起こしやすい時期ということです。

医療機関での脱毛になるので、肌トラブルが起きたとしても、アフターケアを施してはくれますが、特に肌が弱い人は、生理中のレーザー脱毛は避けたほうが無難でしょう。

まとめ

医療機関で行うレーザー脱毛は、生理中であっても受けることができる上に、脱毛効果についても効果に変化がないことがわかりました。

そのためVIOゾーン以外であれば、生理のために予約をキャンセルする必要もないので、忙しい人にはうってつけですね。

生理の周期に左右されたくない脱毛を考えているのであれば、レーザー脱毛を選択して、キレイな素肌を手に入れましょう。