脱毛したらシミが消えた、もしくは増えたなんて噂を耳にしたことはありますか?

消えるなら嬉しい限りですが、増えるなんてことは絶対に避けたいところですよね。

ですが脱毛とシミについて、関係があるのか確認したくても、知る機会は少ないものでしょう。

そこで今回は脱毛とシミとの関係、脱毛でシミが増減する噂は真実であるかなど、紹介していきます。

脱毛とシミとの噂について

脱毛するとシミが増える、もしくは消えるということは、あながち嘘ではありません。

ムダ毛をなくすために受ける脱毛なのに、なぜそんなことが起こるのでしょうか?

増える場合と消える場合に分けて、詳しく確認してみましょう。

シミが増えるケース

まずは脱毛施術によって、シミが増える場合です。

増えてしまう要因としては、脱毛で照射した光による火傷、肌のターンオーバーに影響している、アフターケア不足によるものとの3つが考えられます。

肌が火傷の状態になってしまう

脱毛の光は毛根にダメージを与えることで、ムダ毛を根絶させています。

詳しく説明すると、脱毛の光は黒い色に反応して、黒の毛根部分を焼くという方法です。

そのため施術部分に濃いシミやホクロがあったり、メラニン生成が活発で色黒だったりすると、脱毛の光がそれらの黒に反応してしまい、火傷のような症状を引き起こしてしまいます。

こうしてできた火傷の跡が残り、シミが増えたということにつながるのでしょう。

脱毛の光でターンオーバーが促進される

脱毛後は肌の新陳代謝が活発になっているため、ターンオーバーが促進されます。

それは肌表面では見えなかった肌の内側のシミが、ターンオーバーが活性化されることによって、肌表面に出てくるというものです。

今まで肌奥に埋もれていたシミが表面化するため、脱毛後に急にシミが増えたと感じてしまうのでしょう。

しかしこの状態は一時的なもので、新しい肌細胞が次々に作られていく過程で、解消していくことがほとんどです。

アフターケアを怠り施術部分が乾燥してしまう

脱毛の光を浴びた部分は、毛根が破壊されると同時に、水分が蒸散したことで非常に乾燥しています。

アフターケアでしっかり保湿ケアをしなければ、乾燥した肌は外部刺激をもろに受け、紫外線や肌トラブルによってシミの原因が多く作られてしまうでしょう。

脱毛でシミが消えるケース

では逆に脱毛でシミが消えるケースというのは、どのようなメカニズムによって実現するのでしょうか。

ここからは脱毛によってシミが消えるケースについて、詳しくご紹介します。

メラニンを破壊、美白効果のある光

脱毛で照射される光ですが、シミやホクロの治療で使用される光と同じものを、脱毛でも使用していることが考えられます。

また脱毛の照射そのものに肌を白くし、シミや色素沈着の色を薄くする効果が含まれています。

それらのことから、シミが消えるという効果につながっているのでしょう。

脱毛の施術で、シミや色素沈着も同時に解消できる効果があれば、まさに一石二鳥ですね。

まとめ

脱毛でシミが増えるかもというケースは、アフターケアで保湿をしっかり行うことで、予防することができます。

火傷のケースも、きちんとした脱毛サロンやクリニックの施術であれば、そのような事態になることは稀なことであり、トラブルが起きてもきちんと対応してくれるので、心配ありません。

そして脱毛でシミが消えるケースも、必ずしもシミが消えるとは限らないので、過度な期待をもつとガッカリすることになるでしょう。

いずれにしても、脱毛サロンやクリニックで脱毛を行うことで、ムダ毛を無くし、ツルツルの素肌が手に入ることは間違いありません。

自己処理で起こる肌トラブルのリスクを減らすためにも、プロの脱毛でキレイになることを強くオススメします。