ただ単に毛深いものだと思っている人、じつは多毛症という皮膚の病気の一種である可能性を疑ったことはあるでしょうか。

ほとんど知られていない多毛症という症状、人一倍毛深いだけとあきらめず、正しく対処することでキレイになることも可能です。

ここではあまり知られていない多毛症という病気について、詳しく紹介します。

多毛症とは?

まず多毛症というのはどのような病気なのでしょうか。

多毛症の顕著な特徴としては、軟毛(柔らかい毛)が硬毛(硬い毛)に変わってしまうのが主な症状です。

「多」という字を用いてはいますが、毛が増えるというわけではありません。

本来は軟毛が生えるべき部分や、軟毛が多いとされる女性や子どもに、成人男性のような硬毛が生えてきてしまうというものです。

なぜ多毛症になるのか、その原因は?

どうして女性や子どもに、成人男性のような硬い毛が生えてしまうのか。

多毛症の原因については、男性ホルモンが深く関係していたのです。

男性ホルモンの過剰分泌

女性でも、男性ホルモンは体内で生成されています。

女性の場合、男性ホルモンの量が少なく、女性ホルモンのほうが優勢なため、女性らしさや毛の薄さが維持されるのです。

しかし卵巣と副腎で作られている男性ホルモンの量が多くなってしまうと、男性の特徴である多毛という症状が出現してしまいます。

甲状腺機能の不調が男性ホルモンを活発に

ホルモンのバランスが維持されるべき器官である「甲状腺機能」の疾患が不調となると、男性ホルモンは活発になってしまいます。

こうしたホルモンの分泌に関係する器官により、多毛症のリスクが高くなることも頭に入れておきましょう。

卵巣や副腎の疾患、ステロイドが原因にも

男性ホルモンが体内で自然に多く分泌されることもありますが、男性ホルモンを作る卵巣や副腎の病気が原因で、多毛になることもあります。

また女性であれば、多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)という病気が引き金となり、多毛症になることが多いと言われています。

さらに副腎皮質ステロイド、免疫抑制剤の一部などの影響によっても、多毛症になる傾向があります。

育毛剤が多毛を招く?

薄毛治療の内服薬として「ミノキシジル」という成分が、多毛症のリスクを高めていることも考えられます。

髪の育毛のために使用していても、全身の毛に作用してしまう可能性はあるので、体毛の濃さが気になる場合は使用を控えたほうが無難です。

遺伝が絡んでいるケースも

血縁者に多毛症の人がいることで、遺伝により自身も多毛症となるケースもあります。

また多毛症の症状が見られない血縁者でも、卵巣や甲状腺関連の内分泌系疾患があれば、多毛症のリスクが潜んでいるため、発症する可能性もあります。

多毛症の症状

多毛症は、冒頭で紹介した症状だけにとどまりません。

足の毛が濃くなる、へそに向かって陰毛の範囲に広がる、皮脂分泌が過剰になりニキビができやすくなるケースも報告されています。

それ以外にも、月経異常や壮年性脱毛症、声が低くなるといった症状があるので、多毛症といっても毛にまつわる症状だけではないのです。

精神的な疾患を患うことも

多毛症を発症すると、人と顔を合わせるのが苦痛、好きなファッションができないなど、見た目のことで悩むこともあるでしょう。

深刻な人だと外出するのを拒んだり、多毛であることを笑われているのでは‥と精神的に患うことも。

多毛症は「毛深い」とは違うため、人の目がとても気になるのです。

そのような精神的なダメージ負わないためにも、ムダ毛を目立たなくする努力が必要でしょう。

多毛症の種類について

多毛症にはいくつかの種類があります。

皮膚科で診断することで種類もわかりますし、症状によっては内服薬が処方されることも。

突発性男性化型多毛症

思春期に生じやすい多毛症で、ホルモンバランスが崩れやすい時期に発症する「突発性男性化型多毛症」があります。

思春期の悩みのタネでもある、ニキビが併発することもあるでしょう。

全身性無性毛型多毛症

腫瘍などが原因となり、体全体の体毛が濃く生える「全身性無性毛型多毛症」という種類もあります。

発端となっている腫瘍を取り除くことで、多毛が緩和されることが多いです。

局所性無性毛型多毛症

腫瘍性の多毛症は後天性のものですが、先天性の生まれつきのパターンもあります。

さらには「局所性無性毛型多毛症」という、通常は毛が生えない部位に毛が大量に生える症状も。

普通は生えないようなアザの部分に、毛がたくさん生えるのが主な症状です。

その他の種類

他にも副腎機能や卵巣機能など、ホルモンバランスに関係する器官の不調で生じる「副腎性男性化型多毛症」や「卵巣性男性化型多毛症」があります。

大きな特徴は急激な男性的変化!

多毛症の症状は素人には判断しにくいものですが、明らかな男性的変化が見られた場合は、多毛症を疑うべきです。

例えばこれまでムダ毛を気にしていなかった女性が、急に男性的な毛深さになったり、男性でも明らかにムダ毛が以前と違う状態なら、診断を受けるようにしましょう。

多毛症とわかれば、治療やお手入れ方法の方針も定まり、解消への道筋が開けます。

改善する治療方法、対策などは?

多毛症の疑いをもったら、皮膚科で診断してもらいましょう。

症状によっては内分泌科にかかる場合もありますし、卵巣や副腎が原因の場合には、それぞれの科で専門的な治療も必要となります。

濃く太くなった毛に関しては、医療機関では内服薬を処方されるので、投薬という形で治療も行うことができますよ。

レーザー脱毛の施術がある皮膚科がオススメ

とは言え、内服薬を飲んだからといって、ムダ毛が解消されるわけではありません。

多毛症で太く濃くなったムダ毛には、レーザー脱毛で脱毛処理することが最も有効な手段になります。

またレーザー脱毛は医療機関でしか施術を行うことができません。

そのためレーザー脱毛の施術も扱っている皮膚科を受診するのが、効率の良い選択でしょう。

>>オススメの医療クリニックはコチラ

カウンセリングはしっかり受けよう

 多毛症は、ただ毛深いだけの話ではありません。

ホルモンバランスの乱れから患っていることもあるので、ムダ毛以外にも疾患を併発していることが多いのです。

そのため症状は正確に話して、十分なカウンセリングを行うようにしましょう。

内服薬と並行して治療を行う

先述でも紹介のように、様々な疾患と並行してムダ毛の治療を行う場合もあります。

根本的な体内の治療を行いつつ、レーザーで肌の治療を行えば、より安心安全に改善することができます。

レーザー治療の保険の有無

レーザー治療は、残念ながら保険適用外です。

内疾患とは言え、保険が適用されるのは内服薬のみになるでしょう。

またレーザー脱毛は費用が高いものの、太くて濃い剛毛ほど効果が期待できるため、その効果は期待以上の仕上がりを見込めますよ。

まとめ

多毛症は体の内側の機能が原因で起こる病気。

そのため医療機関での診察と、レーザー脱毛でキレイに改善することができます。

「多毛症かも知れない」と悩んでいる人は、皮膚科で受診をし、体の内部の状態やホルモンの分泌を調べてもらいましょう。

また多毛症は、精神的なダメージもあなどれない病気です。

そうした二次的疾患を受けないためにも、早めの脱毛が大切ですね。

>>オススメの医療クリニックはコチラ