自分で手軽にムダ毛を一気に処理できる人気の脱毛方法といえば、脱毛テープを使ったムダ毛処理です。

ここでは、脱毛テープを利用したムダ毛の処理方法のメリット、デメリットについて紹介いたします。

脱毛テープによるムダ毛の処理方法

脱毛テープは、一気に広い範囲のムダ毛を処理することができる脱毛方法の一つです。

誰でも気軽に購入することができ、価格も安くすむものが大多数のため、ムダ毛に悩む人にとっては強い味方といえますね。

処理方法はシンプル、ムダ毛に貼ってはがすだけ

脱毛テープの使用方法は、ムダ毛が気になる部分に脱毛テープを貼り、一気にはがすことでムダ毛を毛根から根こそぎ抜き去ります。

脱毛部位によって、脱毛テープの大きさや幅といったサイズも細かく分かれているので、使い勝手もよいでしょう。

種類としては、手足や脇の下など広範囲に使用する大きいサイズのものから、指やVラインなどの狭い範囲に使用する小さいサイズのものまで揃っています。

また脱毛テープの種類によっては、ムダ毛の生え方に沿って貼る方法と、ムダ毛の流れに逆らって貼る方法などがあるので、注意事項や使用方法を守って使用してください。

脱毛テープを使用する際のメリットデメリット

脱毛テープは素晴らしいメリットがある反面、深刻な肌に状態になりかねないリスクやデメリットもあります。

脱毛テープを使用する際のメリットやデメリットを把握して、肌トラブルを避けることが大切です。

脱毛テープを使用するメリット

  • コストが安く経済的負担が非常に少ない
  • ドラッグストアなどでいつでも気軽に誰でも購入することができる
  • 広範囲のムダ毛を一気に処理することができる
  • 自分の好きなタイミングで脱毛をすることができる
  • 次に毛が生えてくるまでの期間が長い

脱毛テープを使用するデメリット

  • かなり強い痛みに耐えなければならない
  • 肌にも大きな負担を強いることになる
  • 毛穴が広がったり、ブツブツとした状態の肌になるリスクがある
  • 肌トラブルや炎症、色素沈着、黒ずみ、埋没毛のリスクもある
  • 毛量の調節ができない

ほんの少しの工夫や手間でより快適に脱毛テープで脱毛できるように

上記のように、さまざまなメリットやデメリットがあるのが脱毛テープによるムダ毛処理。

使用する際にいくつかの注意点に気をつけて行うことで、よりメリットをふやし、デメリットをカバーすることができるようになります。

脱毛テープを使用する際の注意点

  • 痛みや後遺症を緩和するために入浴後に行ったり、蒸しタオルなどで事前に毛穴を開く
  • 脱毛後に毛穴を引き締めるために脱毛部分を冷やす
  • 脱毛した部分の肌の負担を早期に回復、修復させるため保湿を中心としたアフターケアをする

まとめ

脱毛テープを使った自己処理脱毛は、確かに手軽で簡単にできる脱毛方法になります。

しかしメリットがある反面、確実に大きなリスクを秘めたデメリットもあることを理解して使用するようにしましょう。

そして脱毛テープを使用しても脱毛の仕上がりに満足できないという場合には、脱毛のプロである脱毛サロンや医療機関のレーザー脱毛を受けるのも一つの手です。

ムダ毛のないキレイな素肌を目指してムダ毛を処理しているのに、肌トラブルを招いてしまっては本末転倒といえます。

脱毛サロン、医療機関での脱毛では、お肌の状態を守りつつ、ムダ毛のない美しい素肌を手に入れることが約束されるので、脱毛としてはベストの選択でしょう。

また脱毛サロン、医療機関での脱毛ではお金がかかると思うかもしれませんが、脱毛テープでのムダ毛処理をずっと続けるより経済的です。

そして脱毛処理の煩わしさから開放されるのも、価値的といえます。

ムダ毛処理にお悩みであれば、脱毛サロン、医療機関の脱毛処理も視野に入れてみてはいかがでしょうか。