最近はファッションとして、気軽にタトゥーを入れる人が多くなってきましたが、タトゥーがある場合、脱毛はできない場合があることはご存じでしょうか。

今回はタトゥーがあると脱毛ができない理由や、タトゥーがあっても施術が可能な脱毛方法などを紹介します。

タトゥーがあるとできない脱毛方法とは?

タトゥーがあることで、施術できない脱毛方法というものがあります。

それは脱毛サロンなどで行う「フラッシュ脱毛」や「光脱毛」、医療機関で扱う「レーザー脱毛」など、光の照射によって脱毛をする施術になります。

脱毛ができない理由

ではなぜ、フラッシュ脱毛や光脱毛、レーザー脱毛ができないのでしょうか?

それは脱毛に使用する光が、タトゥーの色素に強く反応してしまうことからきています。

光を照射して脱毛する場合、脱毛の光は肌の奥にある毛根や色素、メラニンなどの色に反応し、その部分を焼くという方法でムダ毛を処理していきます。

タトゥーがある部分は、非常に濃い色が肌の内側にまで入っており、光が強く反応して熱が集中することで、火傷になってしまうのです。

このことから光を使った脱毛方法では、タトゥーがあると施術をお断りしています。

タトゥーを避けて脱毛するのは可能な場合もある

お店によっては、タトゥーがある部分を避けて脱毛の施術することは可能な場合もあります。

但し、脱毛してある部分としていない部分のムダ毛の差がはっきりと出てしまう、タトゥー部分のムダ毛を自己処理したことで、肌トラブルを生じるなどのデメリットもでてきます。

そういったマイナス面も考慮した上で、脱毛に望む必要があるでしょう。

 

タトゥーがあっても脱毛できる方法

ニードル脱毛であれば、タトゥーがある場所でも脱毛することは可能です。

この方法は毛穴に針を差して電気を流し、毛母細胞を腐食させる方法のため、強い痛みと長い時間を有しますが、タトゥーがある場所でも脱毛することができます。

ただし費用面でも、光脱毛やレーザー脱毛に比べると高額になるのがネックともいえます。

まとめ

タトゥーに興味があるけど、脱毛もしたいと考えているのであれば、まずは脱毛を優先して行うことをオススメします。

タトゥーがあることで、脱毛が思うようにできなかったり、脱毛方法の選択も少なくなってしまうのです。

またタトゥーが入っていても、ニードル脱毛などの光を使用しない方法で行うことはできるので、プロの脱毛をあきらめる必要はありません。

まずは様々な脱毛サロン、クリニックの情報を収集し、自分に合ったお店を見つけて、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。