デリケートゾーンの脱毛は広く普及し、気軽に行えるようになりましたが、実は江戸時代にも行われていたことはご存じでしょうか。

また現代にも劣らないほど、高い美意識をもって行われていたと言われています。

ここでは江戸時代の人々の脱毛事情について、紹介していきます。

女性より男性の意識が高かったムダ毛処理

江戸時代の男性の下着といえば、「褌(ふんどし)」があげられます。

褌姿の浮世絵や、時代劇での一コマなどを目にしたことをあるかと思いますが、いずれも褌からムダ毛がはみ出ていませんよね。

江戸時代の男性は、褌からはみ出る毛があったのでは粋な男性とは言えないと、ムダ毛処理の努力をしていたのです。

見えない箇所こそ手入れするのが粋

これは現代人にも言えることですが、見えないからといってムダ毛の処理を怠るのは、キレイになることから遠ざかってしまいます。

江戸時代の人々は粋人としての心意気と意地、美意識を貫くため、見えなくてもキレイな状態を保つことを意識していました。

見えない部分でも気を抜かない姿勢は、この時代ならではといえますね。

江戸時代のムダ毛処理方法

江戸時代には脱毛専門のお店はもちろん、便利な脱毛専用グッズもありません。

しかし江戸時代の人たちは、実に工夫を凝らした脱毛方法を実践していました。

この頃にはハサミやカミソリは既にあり、それらの道具でムダ毛処理を行えたはずですが、そうしたものは使わずにムダ毛を処理していたのです。

男性のデリケートゾーンの脱毛方法

男性がなぜハサミやカミソリを用いてムダ毛の処理を行わなかったのか。

それは刃物でカットした毛先は尖り、チクチクした触り心地になることから避けられていました。

チクチクした状態では遊女に嫌われるという男心から、原始的な方法で脱毛していたのです。

貝や軽石など使っていた

男性がデリケートゾーンのムダ毛を処理するときは、貝がらや薄い軽石などをこすり合わせ、削り取るようにしてムダ毛を処理していました。

この方法だと毛先も尖ることなく、ソフトで滑らかな触り心地になったとの記述があります。

すっかりキレイに脱毛するとなれば、毛深い人の場合、かなりの時間がかかりそうですね。

女性のデリケートゾーンの脱毛方法

江戸時代の女性たちも、ビキニラインのムダ毛処理はしていました。

方法としては男性と同じか、線香で焼き切るという方法を用いていたようです。

貝や軽石をこすり合わせるより痛みは少なく、摩擦のせいで黒ずみになることも予防できたことから、女性はこの方法を好んだそうです。

脇のムダ毛は処理しない?

江戸時代の女性はアンダーヘアの処理は行っていたものの、脇に関しては未処理なことが多かったようです。

その理由としては「脇は常に着物で隠れているから‥」というもの。

デリケートゾーンも隠れているのに、この差はいったいどこからくるのでしょうか?

遊郭の存在がムダ毛処理を後押し

遊郭は、現代で言う高級娼婦が集まった区画のことです。

そして遊郭でも「粋」は大切にするという暗黙のルールがあり、男女とも美しく隙のない体であることが求められたのです。

ムダ毛の処理は、最低限のマナーであったということですね。

線香を使ったムダ毛処理は今でもある?

線香で毛を焼き切る方法は、さすがに今も行っている人は少ないですが「ヒートカッター」という形で存在しています。

ヒートカッターは、熱でムダ毛を短くカットする脱毛アイテムです。

あくまで短く整える専用のため、肌に近づけすぎると火傷の恐れがあります。

しかし毛先はチクチクしないので、整える専用と思えば優秀なアイテムですよ。

身だしなみに気を使っていた江戸時代

江戸時代の書物や浮世絵などからも、お歯黒や頬紅など脱毛だけでなく、美しくあるために美の探求はさまざま行われていました。

また見た目だけでなく「粋」という目に見えない部分にまで、こだわっていた江戸時代。

昔は今のように便利な道具や情報もありませんので、江戸時代の人のほうが現代人よりも美意識が高かったかもしれません。

西洋文化が脱毛を盛んに!

西洋文化が徐々に取り込まれ、装いも和装から洋服へと変化していくことで、脱毛の意識も変化されていきます。

それまで着物で隠されていた脇や足のムダ毛が、洋服になることで目立ちやすくなってきたためです。

こうした時代の変化でも、脱毛の歴史が変わって今につながるのですね。

江戸時代の脱毛を受け継ぐ現代人

昔は今のように便利なアイテムや、SNSやネットで情報を簡単に入手できたわけではありません。

脱毛に良さそうなことを試しては失敗し、たまに成功した例を口伝えや書物で共有してきました。

その礎があったおかげで、現代の進化を遂げているといえます。

自己処理ができるアイテムから、脱毛サロンや医療脱毛のプロの脱毛まで存在しているのです。

日本人の脱毛の原点は、もしかすると江戸時代にあったかもしれませんね

まとめ

江戸時代の人々も、さまざまな工夫をして脱毛をしていたことがわかりました。

今も昔もキレイになりたい、魅力的な自分を演出したいという気持ちは、変わらずにあるものです。

このように昔の人々が苦労して行っていた脱毛を、今では簡単でスピーディかつ安心安全に行うことができるようになりました。

昔から受け継がれてきた脱毛の美意識を引き継ぎ、より手軽になった現代の脱毛技術で、ツルツルな肌を手に入れましょう