どうしても脱毛の予約をキャンセルしなくてはならない場合、どのようなペナルティがあるか気になりますよね。

今回は銀座カラーのキャンセル時の対応について、脱毛の予約キャンセルだけでなく、カウンセリングについても紹介していきます。

カウンセリングのキャンセル

まずは契約前に行うカウンセリングのキャンセル方法について、確認してみましょう。

カウンセリングをキャンセルする方法としては、予約確認メールから行う方法と、コールセンターに電話する方法の2通りあります。

予約確認メールからキャンセルする方法

予約確認メールにある「ご予約の変更・キャンセル」というURLをタップすると、予約フォーム画面が表示されます。

この予約フォーム画面が開かれたら、予約番号、メールアドレスを入力しましょう。

次に「キャンセルはこちら」を選択、「この予約をキャンセルする」を選択するだけで、カウンセリングの予約はキャンセルできます。

予約確認メールからのキャンセルは前日19時まで

予約確認メールからカウンセリングのキャンセルができるのは、予約日の前日19時までです。

過ぎた場合は、コールセンターに電話する方法をとることになります。

コールセンターに電話してキャンセルする方法

コールセンターに電話して、カウンセリングのキャンセルをすることもできます。

コールセンターの場合は前日19時を過ぎてもキャンセルができるので、期日ギリギリにキャンセルをする時には、コールセンターへ電話しましょう。

コールセンターの電話番号

0120-360-286

脱毛の施術予約をキャンセルする

脱毛に通い始め、施術の予約をキャンセルする場合はどのような方法があるのでしょうか。

また、キャンセルをした場合のペナルティなども紹介していきます。

前日19時までペナルティなし

脱毛の予約をキャンセルする場合、前日の19時までにキャンセルし、予約を変更すればペナルティはありません

脱毛予約日に行けないことがわかったら、早めにキャンセルと予約変更の手続きをしましょう。

前日19時を過ぎた場合

前日19時を過ぎてしまうと、会員サイトからネットでキャンセルすることができなくなります。

キャンセルの連絡は電話のみとなるので、コールセンターに電話して、キャンセルの旨を伝えましょう。

また前日19時~当日キャンセルについては、以下のペナルティが発生します。

  • 回数固定のプランの場合のペナルティ・・・1回分消化扱い
  • 通い放題プランの場合のペナルティ・・・罰金として2,000円

20分以上施術に遅刻するのもキャンセル扱いになってしまう

脱毛日の当日、施術時間に20分以上遅刻してしまうと、キャンセルと同じ扱いになります。

当日キャンセルと同様のペナルティが課せられるので、注意してくださいね。

まとめ

銀座カラーでは、様々なお得なキャンペーンやサービスを提供している反面、キャンセルについては明確なルールを定めています。

キャンセルや遅刻にきちんと対処し、より充実したサービスや脱毛を提供するために、必要なことなのです。

せっかく脱毛に通うのであれば、やむを得ない場合を除き、急なキャンセルは極力なくして、気持ちよく通えるよう努めましょう。