脱毛サロンでの施術前に必要な準備として、ムダ毛の自己処理があります。

この自己処理、足や腕などの簡単な部位であれば処理もしやすいのですが、うなじや背中、VIOとなると剃り残しも出てきてしまうもの。

こうした場合、お店でシェービングをしてもらえれば問題ありませんが、そのようなサービスがなかったり、あっても有料なことは多いですよね。

その点、銀座カラーでは剃り残しにも良心的な対応をしてくれることはご存じでしょうか。

剃り残しがあった場合の銀座カラーの対応は、どのようなものかを紹介したいと思います。

無料のシェービングサービス

銀座カラーでは、プレミアムファストパスコースに限り、無料のシェービングサービスがあります。

一般的な脱毛サロンでは、プランによっては無料があっても、どのプランでも一律無料というものは中々ありません。

無料シェービングを受けられる部位は限られているものの、余計な出費や心配がないのは大きな違いといえるでしょう。

無料でシェービングしてくれる部位

自分では手が届かない、無理に自己処理をするのは危険な部位は、無料のシェービングを受けることができます。

対象の部位は以下の通りです。

  • 襟足
  • 背中
  • ヒップ
  • ヒップ奥(Oライン)

その他の部位で剃り残しが合った場合

無料シェービングの対象部位以外に剃り残しが合った場合、このような対応があります。

その場でセルフシェービングをする

シェービングを忘れてしまった、剃り残しがある場合は、その場で自己処理ができます

ただし銀座カラーでは、顔用の電気シェーバー以外の自己処理はお断りされているため、持参が必要です。

もし手持ちになければ、お店で販売している電気シェーバーを購入することもできますが、定価販売しか扱っていません。

剃り残しがある部分だけ避けて施術

剃り残しがある部分だけ避けて脱毛する、という方法もあります。

狭い範囲であったり、細くて目立たないムダ毛であれば、その部分を避けての施術でも良いでしょう。

まとめ

自分で手の届かない部分の無料シェービングがあるのは、利用者目線に立った優れたサービスといえますね。

またサービス範囲外であっても、避けて処理以外にも、自己処理をさせてくれるのは、他では見られない対応です。

このようなサービスの行き届いた銀座カラーで、脱毛を開始してみましょう