ここのところ急増しているヒゲ脱毛、その方法も千差万別あり、たくさんの人が様々な方法でヒゲの脱毛を試みています。

しかし、そんなヒゲ脱毛をしている人の中には、ヒゲ脱毛に失敗して後悔している人も少なくありません。

ヒゲ脱毛の急増、人気の陰には適切なヒゲ脱毛を実践しなかったために、失敗したと後悔する人が後をたたないのです。

そこで失敗しないヒゲ脱毛をするためには、どのような方法が正しいのかご紹介します。

ヒゲ脱毛、失敗する原因は誤ったヒゲ脱毛方法を選んだから

ヒゲ脱毛失敗の症状の最たるものといえば、やはり「毛嚢炎(もうのうえん)」だといえるでしょう。

普段はカミソリ負けにならないほど肌が強い人でも、誤った脱毛をして毛穴が炎症を起こすと、毛嚢炎を引き起こしてしまいます。

毛嚢炎は誤った脱毛方法の後に、毛穴が炎症を起こしてしまうことで発症します。

ヒゲ脱毛の失敗が原因で毛嚢炎になってしまう脱毛方法

毛抜きで無理矢理毛穴からヒゲを引き抜く

開いたままの毛穴が傷ついて、毛穴周辺の組織が炎症を起こしてしまうことがあります。

医療機関で強いレーザー照射によるヒゲ脱毛をした

毛根部分を焼いた残りカスが毛穴から出ず、炎症の温床となることでおこる場合も少なくありません。

施術後のアフターケアが充実していない

医療機関などで行うレーザーのヒゲ脱毛は、アフターケアや保湿をあまり実施しません。

施術後乾燥で痒みが出たり、強い光量のレーザーを照射したことによる肌荒れのケアが不十分で、毛嚢炎になってしまうというリスクも非常に高くなっています。

ヒゲ脱毛失敗のその他の症状

赤みが出る

皮膚が炎症をおこし、赤く腫れてひりひりとした痛みを伴います。

クリニックや医療機関での強い光が原因となります。

火傷

光量が強すぎることが原因で起こる、ヒゲ脱毛の副作用です。

肌が弱い人や日焼けした肌の人は、特に火傷のような症状になりやすくなります。

硬毛化

家庭用脱毛器の光量などが不足している脱毛をすると、毛根を焼くどころか活性化させてしまい、逆にさらに太くて濃い、頑丈な毛が生えてきてしまうこともあります。

セルフケアができる家庭用脱毛器などで、多く見られる失敗例です。

失敗しないヒゲ脱毛ができるのは脱毛サロンだけ

上記のように、非常に厄介なのがヒゲ脱毛失敗のトラブルです。

こうしたトラブルを避けることのできる脱毛方法は、脱毛サロンに通いプロの手によってヒゲを脱毛してもらう、という方法です。

ヒゲ脱毛を脱毛サロンで行えば失敗のリスクを大幅に削除できる

  1. 肌を守る処置をしてからヒゲ脱毛をするから肌に優しい
  2. 脱毛サロンの光は広範囲なので痛みも少ない、肌への負担も光を集中させないから優しい脱毛ができる
  3. 脱毛の施術後もしっかりと保湿、肌のケアを徹底してくれるのが脱毛サロン

まとめ

ヒゲを脱毛すると、肌がゴワゴワしてしまったり、毛穴がぽつぽつと目立つ、肌の炎症やトラブルが増えるなどの失敗談があげられますが、脱毛サロンでヒゲ脱毛の施術を行えば、こうしたリスクを背負う可能性はグッと低くなります。

満足のいくヒゲ脱毛にするためにも、脱毛サロンに通ってヒゲ脱毛をするという方法を選択しましょう。