年齢と共に濃くなる髭、また元々濃い髭に悩んでいる人は多くなっています。

オシャレで生やしたり、整えられた髭ならいいかもしれませんが、社会人で会社勤めなどであれば、そういうわけにもいかないもの。

髭が濃いと、第一印象で不潔な印象だったり、老けて見える、暗い印象を与えるなど、マイナスイメージがつきまといます。

そんな髭を何とかしたいと考えている人に、薄くする方法を詳しく紹介します。

髭が濃くて悩んでいる人はぜひ取り入れて、髭のことで悩まない生活を目指しましょう。

髭を効率よく薄くする方法

まずは髭を薄くする方法、手段について確認します。

どの程度薄くしたいのか、また経済状況や自分の好みを照らし合わせながら、自分に合った選択をしてくださいね。

髭の正しい剃り方

最も手っ取り早く、そして安価で手軽にできる髭を薄くする方法は、剃り方を見直してみることです。

普段の剃り方は正しいものか、深剃りをしっかりできているかなどを確認してみましょう。

朝に髭を剃る

忙しい朝に余裕をもたせたいと、前夜の入浴時や就寝前に髭を剃る人もいますが、実は朝が一番髭の伸びるタイミングなのはご存じでしょうか。

夜にしっかりと剃ったとしても、朝になると急激に髭が伸びてしまい、濃い状態に戻ってしまうのです。

また睡眠をとって体が休息した朝は、カミソリ負けなどの肌トラブルを起こしにくい、健康な状態でもあります。

髭が濃いという人は、必ず朝剃るようにしましょう。

寝起きすぐは剃らない

朝に髭を剃るのがベストですが、寝起きは顔がむくんでいる状態です。

むくみがあると深剃りができないため、起床後30分以上経ってから剃るようにしましょう。

肌に合ったシェーバーとシェービングフォームを使用

電気シェーバーやカミソリなどを使用する際には、髭の質や肌に合ったものを選んでください。

また髭の濃い人は、切れ味に特に着目する必要があります。

剃れない刃を使用し続ければ、肌荒れをおこすだけでなく、濃い髭を深剃りすることができません。

また剃るときに洗顔料などで済まさずに、シェービングフォームなど髭剃り専用のものを使用しましょう。

髭用のコンシーラーを使う

濃い髭を薄く見せるために、髭用のコンシーラーがあるのは知っていますか?

濃い髭を瞬時に薄くするアイテムとして、髭の濃い男性には非常に人気の商品になっています。

非常に手軽で、すぐにカバーできるという反面、気をつけておきたい注意事項もあります。

肌の色にあっていないコンシーラーを使用すると、顔がまだらな状態で浮いて見えてしまい、コンシーラーを塗っていることがバレバレになってしまいます。

首の色に合わせた色味を選択すると、浮きも目立ちませんので、オススメです。

肌を焼いて肌色を濃くする

色白だと髭が濃いのが、普通の人より目立ってしまいます。

少しでも薄く見せるには、日焼けさせることで、濃い髭の印象が緩和されます。

脱毛する

脱毛機器の力を借りて、髭を脱毛することは、最も有効な方法になります。

家庭用脱毛器や、脱毛サロン、医療機関で行うレーザー脱毛によるものがあるので、それぞれ紹介します。

家庭用脱毛器

脇や足のムダ毛対策に、家庭用脱毛器を使用することは有効ですが、髭に使用するのはオススメできません。

髭は非常に太く、毛穴も大きいものになります。

家庭用脱毛器のパワーでは不足しているため、髭を薄くするには不向きと言わざるをえないでしょう。

脱毛サロンでの髭脱毛

濃い髭を薄くしたいのであれば、脱毛サロンでの髭脱毛が最も有効です。

自然でキレイな印象にできる他にも、このようなメリットもあげられます。

脱毛サロンで髭脱毛するメリット
  • 自分好みの薄さ、形にすることができる
  • 痛みが少ない
  • レーザー脱毛に比べて安価
  • 自然な仕上がりにすることができる

医療機関での髭脱毛

髭を全く生えない状態にしたいという人は、医療機関でのレーザー脱毛を選ぶようにしましょう。

脱毛サロンでの光脱毛より強い光で脱毛を行うため、きちんと通えば二度と髭が生えてくることはありません。

ただし、この先髭が生えてこないことを後悔しないように、よくよく考えて通うようにしてください。

またこちらのメリットも、このようなものがあります。

レーザー脱毛で髭脱毛するメリット
  • ツルツルの髭が完全にない状態にすることができる
  • 脱毛サロンより短期間で脱毛完了する
  • 医療機関なので専門のスタッフが施術をする

 

まとめ

人の第一印象は、初めて会ったときの7秒間で決まると言われています。

男性であれば、仕事でもプライベートにおいても、清潔感のある印象は、最も好印象を与えることでしょう。

髭の処理もたくさんの方法を選べるようになってきたので、自分に合った方法で濃い髭をケアして、清潔感あふれる自分を演出してみてはいかがでしょうか。