数あるムダ毛処理の中でも、特にキレイに仕上げることができる脱毛方法として人気なのが、光脱毛とレーザー脱毛の2つです。

この2つの脱毛方法は、肌にかかる負担も少なく、毛穴を目立たなくすることも可能です。

さらに黒ずみなど肌トラブルを引き起こすようなリスクも少なく、脱毛後には満足のいく肌に仕上げることが期待できます。

この光脱毛とレーザー脱毛、両方とも甲乙つけがたいオススメの脱毛方法ですが、どちらを選ぶかは経済面や通う回数、痛みの感じ方などで変わります。

ここでは光脱毛とレーザー脱毛の違いについて紹介しますので、自分に合った脱毛方法を見つけてみましょう。

光脱毛とレーザー脱毛の大きな違い

光脱毛とレーザー脱毛の大きな違い、それは「脱毛サロン」と「医療機関・クリニック」のどちらで脱毛を行うかということになります。

脱毛サロンで用いられる脱毛方法が光脱毛であるのに対して、医療機関やクリニックで行うのは、レーザー脱毛というものです。

どちらも光を照射して、ムダ毛を根絶する方法ですが、何が違うのでしょうか。

光脱毛とレーザー脱毛について、詳しく見ていきましょう。

光脱毛について

光脱毛は様々な波長の光をフィルターにかけ、毛根などの組織に働きかける波長だけを取りだし、毛根部分の組織にアプローチしていく方法です。

ムダ毛を剃った状態で光を当てる形をとり、黒い色のメラニンが濃いほど、よく反応するという特徴があります。

医師免許は不必要なため、エステサロンや脱毛サロンなどで頻繁に用いられる脱毛方法になっています。

光脱毛の種類

光脱毛と一言にいっても、光脱毛の中にも様々な種類が存在しています。

その中でもサロンでよく展開されている方法としては、IPL脱毛、プラズマ脱毛、フラッシュ脱毛という3つが一般的です。

光脱毛のメリット

レーザー脱毛に比べると出力が弱いため、痛みが少ないというメリットがあります。

そして肌への負担が少ないので、肌が敏感な人にはオススメですね。

また費用面でもレーザー脱毛より、安価で脱毛できる点が人気を集めています。

光脱毛のデメリット

レーザー脱毛と比べると、通う回数が多くなるでしょう。

また光の出力が弱いため、濃くて太い毛に対しては高い効果があるものの、薄くて細い毛への効果が難しい場合もあります。

レーザー脱毛について

レーザー脱毛は、毛根部にレーザー照射をすることで毛乳頭を破壊し、毛が生えるメカニズムを消滅させるという脱毛方法です。

そのため、一度レーザー脱毛した部分の毛穴から毛が再生することは、ほぼありません。

医療機関やクリニックのみ扱える

レーザー脱毛は医療用レーザーを使用するため、医師免許を持った人が行う必要があります。

ですから、医療機関やクリニックでしかレーザー脱毛の施術を受けることが出来ません。

レーザー脱毛のメリット

やはり高い出力の光によって、ムダ毛が生えるシステムを壊滅させるという点でしょう。

より早く、よりキレイに脱毛したいという人においてはとても好評です。

また上記の理由から通う回数も非常に少なくて済むことも、魅力的ですね。

レーザー脱毛のデメリット

デメリットとしては、光脱毛と違い費用の面で負担が大きいこと、そして光脱毛よりも痛みが強い点です。

レーザー脱毛の場合、毛が濃くて太い箇所ほど、大きな痛みが生じてしまいます。

まとめ

光脱毛とレーザー脱毛は似ているようですが「経済面」「通う回数」「痛みの感じ方」で異なる点があることがわかりました。

これらのポイントを比較して、合った脱毛を選ぶことが肝心です。

時間がかかってもいいから安く済ませたい、痛みは極力抑えたいなどであれば、光脱毛がよいでしょう。

また、費用はかかっても強力な脱毛効果を期待したい、なるべく早く脱毛を完了したいのであれば、レーザー脱毛が適しているといえます。

自分の希望をピックアップし、合った方法を選択することで、より満足のいく脱毛を実現できます。

後悔のない脱毛とするためにも、しっかりと見極めて、脱毛をスタートさせてくださいね。