脱毛することは、ごく一般的なエチケットとして認識され、気になるムダ毛をなんとかしようと、誰もが悪戦苦闘しています。

今や当たり前に行われている脱毛ですが、脱毛方法にどんなものがあるのかを確認し、ベストな脱毛法を選んでいきましょう。

脱毛方法はさまざま、どのような脱毛をしたいのかによって異なる

脱毛と一言に言っても、様々な脱毛方法があります。

光やレーザーを利用して脱毛するエステや医療機関での脱毛から、自己処理によるワックス脱毛、脱毛クリーム、家庭用脱毛器やカミソリ、毛抜きに至るまで、脱毛する方法は千差万別です。

そして脱毛する方法によって、その後のムダ毛の生え方や、肌の状態も大きく変わってくることは言うまでもありません。

自分が求めている仕上がりや部位、手間、費用などによって脱毛方法は色々と選択肢が広がっているのです。

エステや医療機関で行う脱毛方法

光脱毛やレーザー脱毛は、エステなどで行われる脱毛方法になります。

光脱毛は除毛、減耗を主な目的としていて、光が黒や茶に反応して脱毛や減耗する仕組みを利用している方法で、痛みが少ないのがメリットです。

部位としては広い部分を脱毛する際や、痛みが出やすい部分を脱毛する際に用いられることが多くなります。

レーザー脱毛は、黒や茶に吸収されるレーザー光線が毛根に照射、毛根自体を根絶してしまうという方法です。

部位としてはやはり広い部位を、短期間で脱毛することができる方法という大きなメリットがあります。

プロが脱毛するため、仕上がりが非常にキレイで、脱毛した後の肌に満足することができる方法だといえます。

家庭で自分で行う脱毛方法

自分でセルフケアをする脱毛方法としては、家庭用脱毛器、ワックス、クリーム、カミソリ、毛抜きなどが代表的です。

家庭用脱毛器は、肌を温めて毛穴を開きながら毛を抜いたり、光を当てて脱毛や減耗をするタイプも多くなっています。

肌ケアをしながら行うことができるように開発が進み、エステには劣るもののある程度広範囲の部位を手軽に脱毛することができます。

ワックスやクリームは広範囲の部位を一気に脱毛することができますが、毛根にダメージを与える事ができないため、脱毛後に再びムダ毛が生えてきてしまうというデメリットもあります。

しかし、肌を傷めることなくムダ毛を処理することができる、というメリットもある方法です。

セルフケアで最も肌ダメージが残る方法が、カミソリや毛抜きによる脱毛です。

どちらも非常に安価でリーズナブルにできる反面、肌表面に与えるダメージが大きいためオススメできません。

また脱毛できる部位も、かなり狭い範囲に限られる方法といえるでしょう。

まとめ

上記のように、脱毛をセルフケアで行うことは、非常にリスクが高く、脱毛後の肌に満足することができなかったり、深刻な肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

脱毛はキレイになることを目指して行うものですから、自己処理によってリスクを冒しながら時間をかけて自分で脱毛を行うよりも、脱毛サロンに通って、プロの手によるキレイな仕上がりに満足する方が美しいボディを手に入れることにつながります。

ムダ毛が気になるのであればぜひ脱毛サロンに通い、理想的なツルツルすべすべボディを実現してみてはいかがでしょうか。