自己処理による脱毛が非常に難しく、さらに危険が伴う部分、その一つがIラインです。

水着、ショートパンツや下着をばっちり着こなしたいなら、自己処理は脱毛サロンに行く前の事前処理のみにとどめ、本格的な脱毛はプロの手による脱毛サロンで、キレイなIラインを目指しましょう。

 Iラインのムダ毛の自己処理は危険や肌へのリスクがたくさん

まずはIラインのムダ毛を自己処理することで起こりうる危険、さらに自己処理によって受ける肌ダメージやリスクを確認してみましょう。

Iラインはとてもデリケート

Vラインは自分の目で確かめながらムダ毛を自己処理できる部分ですが、Iラインは非常に見えにくい部分である上に、粘膜が近くにあり、とてもデリケートな部分です。

カミソリや毛抜きをはじめとする自己処理ツールは、Iラインの肌に深刻なダメージしか残しません。

また自己処理によって、肌を傷付けてしまう危険性も大いにあります。

見えにくく肌も弱い、かつ性器に非常に近いIラインは、自己処理によるケガや肌トラブルが非常に多いため、Iラインのムダ毛の自己処理は絶対にやめましょう。

ダメージが大きい自己処理、そのリスクやデメリット

自己処理で使用しがちなツールとして、代表的な4つをあげます。

また使用することで起こりうる、リスクやトラブルなども一緒に紹介しますので、よく確認してみてくださいね。

カミソリ

カミソリ負けを起こし、肌がぶつぶつゴワゴワした状態になってしまう可能性があります。

さらに肌に大きな傷はつかなかったとしても、目に見えない傷がついてしまい、それが原因で色素沈着を引き起こす原因を作りだすケースもあります。

またカミソリでムダ毛と一緒に、必要な角質まで取り除いてしまうという大きなデメリットもある自己処理方法です。

シェーバー

カミソリと同様に、角質とともに必要な肌細胞や皮脂までこそげ落としてしまう可能性が高い方法です。

さらにシェーバーは肌に強い摩擦を与えるため、肌負担が大きく、肌トラブルの要因になることが多くあります。

クリーム

カミソリやシェーバーのように大きな傷や目に見えない傷をつけることはないものの、含有している化学物質により、ただでさえデリケートなIラインの皮膚に刺激を与え、肌トラブルや炎症の原因となることがあります。

薄くてデリケート、新陳代謝やバリア機能の弱いIラインの肌トラブル要因を、作りだしてしまうというデメリットがあります。

毛抜き

毛穴や毛穴周辺の組織に大きなダメージを与え、毛嚢炎(もうのうえん)や埋没毛の原因となる毛穴トラブルを引き起こすことが多々あります。

また毛穴が広がってしまい、黒ずみ毛穴の原因にもなるリスキーな自己処理方法です。

Iラインのムダ毛処理、最も適切な方法は脱毛サロンで脱毛すること

上記のように、ムダ毛を脱毛することでかなりの危険を伴うIラインの自己処理、そんなリスクと隣り合わせの方法をとるよりも、もっと安心安全に、そしてキレイにIラインの脱毛ができるのが、脱毛サロンに通うことです。

脱毛前に自己処理は丁寧に慎重に行う

脱毛サロンに行く前には、Iラインのムダ毛を剃ってキレイにしておく必要があります。

ここでは最低限の肌刺激や摩擦で自己処理を行うようにし、Iラインの肌を傷つけないようにしましょう。

傷ができてしまうと、光を当てて脱毛することができなくなるので要注意です。

伸びた状態の毛をまずはハサミでカット

Iラインのムダ毛は剃る前にハサミで短くカットしておくようにすると、スムーズに剃ることができます。

使用するハサミも先端が丸いものや、眉用のハサミを使用するなど、細心の注意を払い慎重に行いましょう。

毛が短くなったら電気シェーバーなどで剃る

ムダ毛を短くカットした後は、電気シェーバーなどで丁寧にゆっくりと剃り残しがないように剃ります。

この時剃り残した部分があると脱毛できないので、確実に剃ることができるよう注意しながら行いましょう。

カーブやでこぼこした部分が多いIラインですから、ヘッドの部分がしなやかに曲がり、形状に沿ってフィットするようなシェーバーがおススメです。

脱毛サロンならIラインを安心安全にすっきりできる

脱毛サロンでは、Iラインにあるムダ毛を安心安全に、しかも自己処理よりもずっとキレイにできます。

まず、常に自己処理するよりも肌が受けるダメージが、非常に小さくできるという点です。

自己処理では、上記のように肌負担が大きいツールを使用するため、肌に非常に大きな負担や摩擦を強いることになります。

色素沈着を起こしたり、肌を傷付けることもあり、傷痕が残ってしまうという危険性を自己処理では回避することはできません。

アフターケアも万全

Iラインの肌は、他の部分の肌に比べると非常に薄く、代謝機能も弱いという特徴があります。

そのため一度ダメージを受けてしまうと、そのダメージを長く引きずり、あとに残ってしまうという可能性も高くなります。

そうならないためにも、Iラインの脱毛は脱毛後のアフターケアが非常に重要になるのです。

その点、脱毛サロンならば脱毛後の肌ケアをしっかりと行い、きれいなIラインを実現するための施術をしっかりと行ってくれます。

脱毛するだけでなく、脱毛後の肌もしっかりとケアしてくれる、それが脱毛サロンでIライン脱毛をする最大のメリットです。

まとめ

Iラインのムダ毛を脱毛サロンで脱毛しておくことは、女性としての当たり前のエチケットになりつつあります。

水着や下着からうっかりアンダーヘアがはみ出していたため、女性としての自信を失ってしまうようなことがないよう、そして自信をアップし、レジャーやチャンスをしっかりとものにできるようにするため、Iラインのムダ毛は脱毛サロンでキレイにしておきましょう。