脱毛施術の前に、ムダ毛の自己処理を済ませるという事前準備は、どの脱毛サロンでも要求されることの一つです。

キレイモでも自己処理を行った上での施術が決まりですが、気になるのは自己処理の範囲。

気をつけたつもりでも剃り残しがあったり、背中やVIOなどの手が届かない箇所はどうしたらよいのでしょうか。

ここではキレイモで脱毛する前の自己処理について、まとめてみました。

来店前に自己処理が必要な部位

基本的に脱毛する部分は全て自己処理が必要ですが、脱毛部位によって異なることもあります。

VIOラインは全て脱毛したいのか、形を整えて残すのかによって変わってくるのでしょう。

自己処理が難しい部位は?

自分では自己処理が難しい部位や、自己処理を忘れてきてしまった場合、スタッフがシェービングして施術を受けることができます。

自己処理をしていなければ施術はお断り、という脱毛サロンもある中、キレイモは親切な対応をしているといえるでしょう。

プランによって対応は異なる

しかしスタッフによるシェービングは、契約しているプランによって対応が異なります。

  • 回数制のパックプラン・・・無料のシェービングサービス
  • 月額制プラン・・・施術1回に付き別途1、000円

このように、月額制の場合シェービングはしてもらえるものの、1回の施術で1、000円のシェービング料金が必要となります。

自己処理方法やアイテムについて

脱毛する前には必須の自己処理ですが、注意して行わないと肌が傷つき、光の照射で思わぬ肌トラブルを起こす場合があります。

余計なトラブルにつながらないよう、細心の注意をはらうようにしてくださいね。

毛抜きは絶対にNG、カミソリもオススメできない

自己処理で一番オススメなのは、電気シェーバーです。

そして脱毛前の自己処理では、毛抜きの使用は絶対に不可で、カミソリもオススメできません。

カミソリの場合は見えない傷がたくさんつき、脱毛の光で思わぬ肌トラブルや炎症を起こすリスクが高くなります。

毛抜きは毛根から引き抜くことで、脱毛の光に反応する部分がなくなり、脱毛効果がなくなってしまうためです。

その点、電気シェーバーは細かい部分もスムーズに処理ができ、肌を傷める心配もありません。

まとめ

脱毛する前に行う自己処理は、脱毛の効果を左右する大切な事前準備です。

肌をいたわりながらも、脱毛の効果を高めることができるよう、適切な方法で行いましょう。