永久脱毛ができるとして人気のある医療脱毛ですが、実は脱毛サロンでも十分な脱毛効果を備えています。

特に脱毛ラボでは、永久脱毛に負けないほどの脱毛効果に加え、肌ケアもプラスされた、医療脱毛では実現できない肌の美しさを追求しているのです。

永久脱毛について

永久脱毛の仕組みは?と聞かれても、その内容を明確に知っている人は少ないもの。

まずはこの永久脱毛とはどのような脱毛を指しているのかについて、確認してみましょう。

永久脱毛の定義

永久脱毛と聞くと、この先において一生ムダ毛が生えてこない状態を連想する人がほとんどでしょう。

しかしAEA(米国電気脱毛協会)の定める見解は、脱毛の施術をした一ヶ月後に、ムダ毛の再生率が20%以下の状態が永久脱毛となっています。

医療脱毛の脱毛

日本国内で永久脱毛と認められているのは、医療機関で行われるレーザー脱毛とニードル脱毛という2つのみです。

そしてニードル脱毛は強い痛みなどを伴うことから、レーザー脱毛のほうが主流となっています。

また医師免許を持つ人のみ、施術や照射をすることが許可されているため、専門の医師のもと、肌の状態を確認しながら照射を行います。

脱毛サロンの脱毛

医療サロンの脱毛は、医療行為に当てはまらないため、永久脱毛ではありません。

しかし脱毛サロンでの脱毛でも、自己処理をする必要がないほどにムダ毛を抑制することが可能です。

条件によっては、ムダ毛の再生率を20%以下にすることも夢ではありません。

脱毛ラボの脱毛効果

ムダ毛の再生率だけを見ると、医療脱毛のほうが優れているような印象ですが、脱毛ラボでの脱毛のほうが良い点も多数あります。

医療脱毛に比べて安い

医療機関で脱毛を受ける場合、効果は高いものの、非常に高額になることは避けられません。

全身ともなると、最低でも数十万は発生するものと考えましょう。

しかし脱毛ラボでは、超低価格で全身48箇所を脱毛することができます。

痛みは少ないのでストレスフリー

レーザー脱毛は光量が非常に強いため、感じる痛みも強いというデメリットがあります。

特に毛深い人やムダ毛が濃い場所を照射する際には、かなりの痛みを伴うでしょう。

その点においても脱毛ラボでは、肌への負担が少ない脱毛なので、ムダ毛が濃くてもデリケートな部位でも、問題なく脱毛することができます

副作用やリスクの心配も最小限

脱毛ラボは、アトピーや敏感肌の人でも脱毛できるほど優しい脱毛なので、安心して施術できる脱毛といえます。

一方でレーザー脱毛の場合、短期間で脱毛を完了することが叶いますが、非常に強い光のため、肌トラブルをまねく確率も高くなります。

脱毛ラボは肌のことをいたわりながら、脱毛を進めることのできる、優れた脱毛なのです。

仕上がりの満足度

医療脱毛では肌ケアは行っていないことが一般的なので、ムダ毛の悩みはなくなっても、肌の仕上がりについては別問題となることが多いでしょう。

それは肌ダメージを受けたことによる黒ずみや赤み、色素沈着といった深刻な悩みになることも。

脱毛ラボは肌をキレイにする脱毛が目的のため、脱毛前・脱毛中・脱毛後も肌の状態をしっかりと確認しながら行います。

また保湿やクールダウンを徹底して行うので、脱毛による肌トラブルの確率も低いのです。

まとめ

脱毛ラボの脱毛は、確かに永久脱毛には当てはまりません。

しかし永久脱毛よりも肌に優しく、満足のできる脱毛をすることが期待できます。

永久脱毛よりも価格も安く、肌に優しい脱毛ラボで、ムダ毛の気にならない肌を手に入れましょう。