脱毛を契約したけど、引っ越しや病気、妊娠などで通えないとなると、クーリングオフや解約手続きが必要ですよね。

今回は脱毛ラボでの「クーリングオフ」や「解約」について、確認していきましょう。

脱毛ラボでクーリングオフをする場合

まずは法律で権利を与えられている、クーリングオフという制度の適用についての確認です。

クーリングオフは契約から一定期間内であれば、一方的に契約を破棄、費用を返還してもらえる制度となっています。

クーリングオフの適用条件

条件に当てはまらない場合、クーリングオフが適用されないこともあるので注意しましょう。

  • 契約を交わした日から8日以内(8日目までの消印有効)である
  • 契約期間が1か月以上ある(脱毛ラボの場合は月額制も含みます)
  • 契約金額が総額5万円以上である

クーリングオフの方法

クーリングオフする際は、いくつかの書類と手続きが必要です。

クーリングオフが適用されない事態にならないよう、もれなく準備してくださいね。

内容証明郵便を送る

自分と相手に同じ内容が送れる内容証明郵便で、客観的な証拠を残すようにしましょう。

現在では、インターネットでも内容証明郵便を作成することができるようになりました。

忙しい人でも、わざわざ郵便局へ行かなくて済むのはありがたいですよね。

8日以内の消印付きで送付

クーリングオフは8日以内であれば、無条件で交わした契約を解除することができます。

ただし過ぎてしまうと適用できないため、必ず期日を守ってくださいね。

また解約手数料を支払う必要もないため、もし請求されるようなことがあれば支払う必要はありません。

引き落としされていた場合に、返還請求をすることもできますよ。

途中解約する場合

脱毛ラボは解約の場合でも、費用の返金があるので、途中解約となる事態でも心配いりません。

また返金額や手数料については、コースやプランによって異なります。

途中解約の方法や未施術分の費用などについて

月額制プランの途中解約

月額制プランの場合、3ヶ月以降はいつでも解約ができます。

月が変わる前に解約の意志を伝えれば、翌月に引き落としされることはありませんよ。

回数パックプランの途中解約

回数パックプランの場合は、解約手数料を支払うことになります。

その上で、まだ脱毛施術をしていない分の費用が返還されます。

返金額=契約額-(一回の単価×消化した回数)-(解約手数料(契約金額の残金の10%)

  • 回数無制限パックの場合・・・一回分19,980円で計算
  • キャンペーン価格で契約した場合も上記のように返金額を算出

まとめ

脱毛に通う前には、解約やクーリングオフについての知識を知っていれば、余計なトラブルを招かずに済みます。

そしてクーリングオフや解約にもしっかりと対応している脱毛ラボは、利用者のことを考えた信頼できる脱毛サロンといえるでしょう。