女性ならムダ毛は気になるもの、多感な10代は特に気になってしまうものでしょう。

しかしプロの脱毛となると、未成年の脱毛を受け入れていない脱毛サロンもしばしば。

しかし脱毛ラボは未成年でも条件をクリアすれば、脱毛することが可能です。

ここでは未成年でも脱毛ラボに通える方法について、紹介します。

親の同意書が必要

脱毛ラボのカウンセリング時に、親の同意書を準備しておけば、契約を結ぶことができます

同意書をもと、電話をかけて確認

未成年が脱毛の契約をする場合、持参した同意書に記載の親の連絡先かけて、確認をとります。

親から子どもの情報について確認を行い、注意事項や脱毛の施術のこと、コースや料金などの説明をします。

親も同伴してカウンセリングするほうがオススメ

毛深いことが悩みの未成年にとって、脱毛サロンで脱毛するメリットを説明するのは難しいもの。

そのため、親同伴で無料カウンセリングを受けることをオススメします。

脱毛サロンで脱毛するメリットから、料金や脱毛効果についてなど、様々な疑問点を直接説明してくれるためです。

また契約や確認事項などについても、親が同席することでスムーズに行うことができるのも良い点ですね。

生理がきているのが条件

脱毛ラボは10代の女の子でも脱毛をすることができますが、生理がきているかによって、脱毛の可否が決まります

生理がまだの場合は、脱毛はできません。

理由として、生理が始まっていることは、体内のホルモンバランスが整っている基準となり、施術による肌荒れの心配が低くなるということからです。

カウンセリングでもその点について確認されるので、生理がまだきていない人は初潮まで待つことになります。

中学生でも脱毛できる

脱毛ラボのコースの中には「学割プラン」があり、学生であれば脱毛の料金が10%割引きになります。

この学割は中高校生でも、大学生や専門学校生でも適用されますので、学生証を持っていくようにしましょう。

脱毛ラボでは年齢制限を設けていませんので、生理さえ始まっていれば、10代の若い世代でも脱毛を開始することができるのです。

同意書のダウンロードについて

未成年が脱毛する際に必要な同意書は、脱毛ラボの公式HPで簡単にダウンロードすることができます。

同意書をプリントアウトしたら必要事項を記入してもらい、カウンセリングに備えておきましょう。

お店に用意されている同意書でもOK

各店舗には、公式HPでダウンロードできる同意書と同じの書面も用意されています。

カウンセリングに親が同伴できる場合、直接お店で同意書に記入するという形でも大丈夫です。

まとめ

未成年でもムダ毛に悩み、何とかキレイにしたい!と切実に悩んでいる人は多いものです。

そんな女の子の強い味方になってくれるのが脱毛ラボ。

保護者と良く相談をして、コンプレックス克服のために、脱毛ラボに通ってみましょう。