ムダ毛を処理する中で心配なのが、肌トラブルや肌荒れをしてしまうことなどがありますね。

そんな脱毛に伴う肌トラブルの中に「毛嚢炎(もうのうえん)」という症状があります。

あまり聞き慣れないかもしれませんが、ムダ毛処理をすると毛嚢炎になってしまう人は、数多くいます。

なぜ毛嚢炎になってしまうのか、予防する方法はないのか、また毛嚢炎になったときの正しい対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

毛嚢炎(もうのうえん)とは?

毛嚢炎はニキビによく似ており、ニキビが少し大きくなったような見た目をしています。

しかし、ニキビができる原因とは異なる理由から発症しているのです。

毛嚢炎の原因として最も多いものは、脱毛によって肌が傷つき、機能が低下したことによるものでしょう。

肌がダメージを受けて弱くなった状態で、毛穴に刺激や傷が加わり、そこに雑菌が繁殖することで毛嚢炎が発症します。

では毛嚢炎の炎症の様子や、できやすい場所について確認していきましょう。

毛嚢炎の炎症

毛嚢炎の炎症の度合いは、その進行具合によって異なってきます。

初期の症状としては、ニキビのようなブツブツが肌にでき、炎症の度合いが酷くなると、白ニキビのように膿が詰まった炎症へと発展してしまいます。

この状態は、肌の深部や毛穴の奥にまでダメージが及んだ、深刻な状態です。

また肌表面に、ピリピリとした痛みを感じることもあるでしょう。

その他にも赤いブツブツはあるものの、痛みや痒みを伴わないケースもあります。

毛嚢炎ができやすい場所

毛嚢炎ができやすい場所としては、男女差が非常に大きいといえます。

男性の場合、毛嚢炎の代表格ともいえるのは、髭剃りのカミソリ負けによるものが圧倒的です。

髭剃りをした顔や首元などが、最も毛嚢炎を発症しやすいでしょう。

女性だと、ムダ毛処理をすることが多い、脇の下、足、腕、デリケートゾーンなどがあげられます。

毛嚢炎ができやすい場所の特徴は、ムダ毛処理をすることが多い場所、皮脂の分泌が活発なところ、ムダ毛が濃く蒸れやすい場所ということがいえます。

そして毛嚢炎を引き起こす雑菌が繁殖しやすい環境ということも、できやすくなる原因でしょう。

毛嚢炎になったときの対処法

毛嚢炎になってしまった、また中々改善しない場合には、どうしたらよいのでしょうか。

ここからは毛嚢炎ができてしまったとき、どのような方法で対処したらよいのか、また毛嚢炎を後に残さないために、キレイに解消する方法などを紹介していきます。

軽度の毛嚢炎の場合

毛嚢炎の症状が軽い場合、つまり赤みも少なく、痒さや痛さを感じない場合には、自然に治ることが多いので、少し様子をみて自然治癒の可能性を見極めましょう。

放っておく訳ではなく、注意深く様子を見て、炎症が進まないように清潔に保ち、肌に刺激を与えないようにしてください。

痛みや痒み、赤みがあり、膿をもった毛嚢炎の場合

毛嚢炎が痒い、痛い、赤みがある、そして膿を持って白く盛り上がっている状態の毛嚢炎であれば、抗菌薬や抗真菌薬、ステロイドなどを使用する治療が必要となります。

この場合、皮膚科や専門医の指示を仰ぐこと、受診して薬を処方してもらうという方法になるでしょう。

毛嚢炎を予防するスキンケア

できてしまった毛嚢炎をこれ以上悪化させないため、そして増やさないようにするためにも、毛嚢炎を予防するスキンケアを心がけることは大切です。

普段から毛嚢炎の予防をしっかりと努めることで、毛穴トラブルを防ぎ、健やかな肌を維持することにもつながっていきます。

清潔に保つ

汗をかいたらすぐにふき取る、身につけるものは清潔にする、寝具など長時間肌に触れるものの洗濯はコマメになど、毛嚢炎になる原因をつくる雑菌の排除を心がけてください。

またシャンプーやボディソープなどがきちんと流せていないと、毛穴詰りにもつながります。

洗剤や洗浄成分、化学成分が残らないようにしっかり流すようにしましょう。

生活習慣の改善

肌荒れは毛嚢炎を引き起こす原因にもなるため、生活習慣を見直して、健康に保っておくことも重要です。

睡眠、食事などに気を配り、ストレスを溜め込まないよう、リフレッシュする方法を見つけてみてください。

ムダ毛処理方法の見直し

カミソリや毛抜きでのムダ毛処理は、毛嚢炎の大きな原因です。

ムダ毛処理の回数を減らしたり、方法を改善することでも、毛嚢炎になるリスクを減少させることができます。

できればムダ毛の処理はセルフケアではなく、脱毛サロンや医療機関での脱毛を選択し、肌にかかる負担や毛穴トラブルのリスクを減らしましょう。

まとめ

毛嚢炎になると、肌の見た目も悪くなりますし、炎症が進行してしまうと跡に残ってしまい、長期的に肌トラブルに悩むようになります。

毛嚢炎を予防する生活習慣を徹底し、脱毛はプロに任せるようにすることで、少しでも毛嚢炎に悩まない肌を目指しましょう。