女性の魅力的な部位の中でも、キレイな手を見たときにドキッとする男性も多いものです。

普段あまり気にすることのない手の甲が、ムダ毛知らずでツルツルすべすべだと、思わずその美しい手のしぐさに見入ってしまうという事もあります。

手の甲は何かと人前にさらされる機会も多く、知らず知らずのうちにしっかりとチェックされている部分なのです。

ここではそんな手の甲の脱毛について、脱毛サロンではどのような流れで脱毛が進んで行くのか、費用や期間、注意点などを見ていくことにしましょう。

手の甲にかかる脱毛期間、費用など

手の甲の脱毛をするために脱毛サロンに通う回数としては、一般的には5~8回ほどが平均値になっています。

しかし数ヶ月で終わると言うものではなく、一年ほどかけて脱毛を完了していくという流れが主流だといえます。

一度手の甲の脱毛をサロンでおこなった後、数ヶ月後に再び脱毛の施術をするというスタイルを取ることが多いためです。

また、脱毛費用としては3万~4万円と比較的低予算で実現することができる脱毛部位になっています。

一度の施術範囲が狭いことと、あまりたくさんのムダ毛が生えるという場所ではないためです。

手の甲の脱毛には日焼けが大敵

手の甲を脱毛サロンで脱毛する際に注意点は、紫外線を予防するということが最も重要です。

この理由は、手の甲が非常に日焼けをしやすい場所だからです。

紫外線を浴びることによって日焼けしてしまうと、脱毛の効果が低くなります。

脱毛サロンによっては、日焼けしているからという理由で、脱毛の施術を断られる場合もあります。

手の甲のムダ毛は産毛であることがムダ毛処理を難しくする

自分では気になる手の甲のムダ毛ですが、実は他の部位のムダ毛と異なり、手の甲のムダ毛は産毛で、色も薄く細いという特徴があります。

そのためレーザー脱毛や光脱毛の効果を十分に得ることができず、産毛を完全にキレイにすることが難しい場合もあります。

契約した回数以内で終わらない、というケースも珍しくありませんので、カウンセリングでよく確認しておきましょう。

ニードル脱毛も視野に入れておく

産毛が大半を占める手の甲のムダ毛ですが、脱毛を完璧に行いたいのであれば、脱毛サロンで光やレーザーの脱毛をして大まかなムダ毛を取り除いた後、ニードル脱毛によって完璧に脱毛を完了するという手段もあります。

ニードル脱毛とは?

ニードル脱毛とは、毛穴に針を刺し、そのハリに電気を流してムダ毛が生える毛根を破壊していくという脱毛方法です。

ニードル脱毛なら、どこから見ても一本もムダ毛がないとい状態を実現することもできます。

しかし、かなり高額な費用と時間を必要とするというデメリットもあります。

まとめ

手の甲を脱毛するなら失敗や肌トラブルが起こらないように、脱毛サロンで行うのが最適です。

日々酷使する手、そんな手をキレイにしておくことができる女性は、非常に魅力的で細かいところまで丁寧に行き届かせることができる印象を与えるでしょう。

キレイな手を作りだし、維持したいと考えているのであれば、ぜひ脱毛サロンで美しい仕上がりの手を目指してみてはいかがでしょうか。