脱毛をする理由は様々ありますよね。

キレイになりたい、清潔な印象を与えたい、自分に自信をもちたいなど、ポジティブな理由から行うことがほとんどでしょう。

またせっかく脱毛をするなら、その効果を少しでも高くもちたいと思うのも当然です。

今回は脱毛後に運動をすることで、効果への影響があるのか、肌への負担がかかるのかなど、紹介していきます。

脱毛後の運動は危険

脱毛後に運動は避けたほうがよいと言われており、その理由は2つあげられます。

脱毛で受けた肌への影響や肌トラブルのことを考えると、脱毛後に運動しないほうがよい訳がわかりますので、1つずつ確認してみましょう。

汗の成分などでかぶれてしまう

ほとんどの運動の場合、体をよく動かすことで、汗をかくことは避けられませんよね。

通常汗をかく運動は、肌の新陳代謝や血行を良くし、老廃物を流すことで健康に良いといわれます。

しかし脱毛後の肌は、通常時よりもデリケートな状態で、少しの刺激でもかぶれや炎症を起こしてしまう敏感な肌なのです。

デリケートな状態の肌に、汗の成分による刺激や汗で繁殖する雑菌、さら拭いたりする際に受ける摩擦の影響は良くありません。

キレイな肌を保ちつつ脱毛したいのであれば、こうした刺激を脱毛後に受けないように避けましょう。

体温の上昇で炎症が起こりやすくなる

脱毛後の肌は刺激や負担を受けているため、熱がこもりやすく、炎症をおこしやすい状態です。

そのため脱毛の施術後は冷やしてクールダウンし、炎症を予防する必要があります。

しかし脱毛後に運動をしてしまうと、体の血行が良くなり、体温も上昇することで、体温は内側にこもりやすく、肌の熱が逃げにくい状態に。

その結果、肌の炎症を起こしやすくしてしまうのです。

脱毛後はなるべく体温が上昇することを避け、炎症を起こさないように注意しましょう。

運動を始めてもよいのはいつ頃?

脱毛後、肌の状態が落ち着き、ある程度汗をかくような運動をしてもよいのは、脱毛してから2~3日後からになります。

はじめは運動後の肌の状態に注意しながら、運動を始めましょう。

肌の調子がイマイチと感じた場合は、もう少し長く肌を休ませ、運動を控えてください。

また運動後に脱毛の施術部分の肌を冷やすのも、炎症を予防するのに効果的です。

まとめ

せっかく脱毛で肌をキレイにするのですから、肌トラブルが起きてしまっては勿体ないです。

脱毛の効果を最大限に引き出すために、脱毛後に運動で汗をかいたり、体温が上昇する行為は避けましょう。

ただし、運動自体は体によい面がたくさんあるので、肌が落ち着いた頃から積極的に取り入れ、美しさも健康も手に入れてみてはいかがでしょうか。