ここ最近、より完璧な美しさを求めて、人気急上昇中の脱毛箇所といわれているのが、VIO脱毛です。

VIO脱毛前には、アンダーヘア(陰毛)を自己処理しなければなりません。

この自己処理方法によって、脱毛の効果をアップさせ、脱毛効果をしっかり発揮させることができるようになります。

ここではVIO脱毛前の自己処理の正しい方法について、見ていくことにしましょう。

Vラインの脱毛前の自己処理方法

VIOライン脱毛をする前の自己処理で、最も簡単に行うことができる部位が、自分で確認しながら処理できるVラインです。

IラインやOラインよりもずっと簡単にできる上、形などもデザインしたりすることができる部位です。

ハサミと電気シェーバーがおススメ

Vラインの自己処理で、最も手軽に安全に行うことができるアイテムが、ハサミと電気シェーバーです。

まずはハサミで脱毛予定のVラインのアンダーヘアを、短くカットします。

短くなったところで電気シェーバーに交代し、肌を傷つけないように注意しながら、丁寧に剃っていきましょう。

ここで剃り残しや、アンダーヘアが長いまま残ってしまっている部分は、施術の範囲から除外され、脱毛することができません。

脱毛効果を高めるためにも、剃り残しや長い部分がないように、しっかりと確認しながら自己処理を行うようにしましょう。

IラインとOラインの脱毛前の自己処理方法

Vラインに比べ、自己処理が非常に難しいのが、IラインとOラインです。

肌が柔らかく薄い上に、曲線やカーブしている部分を処理しなくてはならないためです。

さらに自分の目で確認しにくい場所である、陰毛も比較的太くて硬いという特徴があり、IラインとOラインの自己処理は、かなり困難だといえるでしょう。

手鏡と眉バサミなどの小さいハサミ、電気シェーバーがおススメ

IラインとOラインの自己処理を行う際に、手鏡を使用することは必要不可欠です。

持って見るタイプよりも、立てかけて手を使わなくても済むタイプの鏡が良いでしょう。

さらに剃る前の長い状態ではシェーバーが使えないため、ハサミで短くカットしていきますが、使用するハサミも眉バサミや赤ちゃんの爪切り用のハサミなど、小さなハサミを使うと良いでしょう。

先が尖ったハサミを避け、先端が丸く安全性が高いものを選ぶことで、安心して自己処理を行うことができます。

自己処理の段階でハサミなどで肌に傷ができてしまうと、脱毛の光を当てることができなくなってしまうため、IラインとOラインの自己処理には、細心の注意を払って行うようにします。

ハサミで短くしたら、肌を傷つけないように丁寧にシェービングしていきましょう。

まとめ

VIO脱毛前の自己処理は非常に手間がかかり大変ですが、VIO脱毛の効果が高く出れば、自己処理のストレスから開放され、よりキレイな自分を手に入れることにつながります。

VIO脱毛を成功させ、自信あふれる女性になるために、VIO脱毛前の自己処理は抜かりなく行い、脱毛効果をアップさせましょう!