VIO脱毛は女性器の周辺を脱毛することから、もしかしたら脱毛の施術中に感じてしまい、濡れるという事態に陥ったらどうしよう、そういった心配をしている人も多いのではないでしょうか。

女性器というかなりデリケートな部分を脱毛するVIO脱毛、感じて濡れてしまうという心配は必要なのか見ていきましょう。

VIO脱毛はどんな感じがする脱毛?施術中に感じない?

VIO脱毛をしている最中に感じてしまい、もしも濡れてしまったら恥ずかしい、そう考えてVIO脱毛を躊躇している人を見かけますが、実はVIO脱毛にはその心配は必要ありません。

どうして濡れることなく脱毛の施術ができるのか、感じるようなことがないという理由をご説明しましょう。

施術は超短時間に終わりスムーズに終了する

VIO脱毛をする際は、脱毛前までにアンダーヘア(陰毛)を自己処理をしてきた上で、施術となります。

その後の流れとしては、肌を守るジェルを塗り、衣類をずらしながら広範囲に照射できる光を当てていきます。

この施術は非常に短時間で終わり、脱毛の光も当たっているのがわからないほどで、痛みや感覚も少なくなっています。

感じている間もないほど速やかに終了してしまうので、感じてしまい濡れるという暇はないといえるでしょう。

紙パンツやバスタオルなどをずらしながら行う

見られることで恥ずかしいという羞恥心から、興奮して塗れてしまうという事を心配する人もいますが、女性器周辺を脱毛するといっても、女性器をあらわにするという事も、性器事態を触られるという事もありません。

脱毛する部分だけを、簡易下着やタオルをずらして行うので、直接女性器を見られたり触られるという心配は全く無いのです。

性器を見られることがないため、恥ずかしいという感覚は少なく、他の脱毛部位と同じように脱毛していくことができます。

施術は女性スタッフが行う

異性に見られると濡れるという人もいますが、VIO脱毛の施術をするのは女性スタッフです。

同じ女性ですから、施術をする方もいやらしい眼差しで見るという感覚も全く無く、施術を受ける側も女性同士なので安心して受けることができます。

男性に見られているわけではないため、濡れるという事はあまり無いといえるでしょう。

まとめ

VIO脱毛で施術中に濡れてしまい、恥ずかしい思いをしたらどうしようと悩んでいる人は、その心配は全く必要ないものです。

万が一濡れてしまったとしても、女性器を見るわけではなく、下着やタオルで隠れているので気が付かれることもありませんし、濡れる暇もないほどVIO脱毛の施術はスムーズで快適に進んで行くからです。

女性器という非常にデリケートな部分を脱毛するVIO 脱毛は、恥ずかしいというイメージを持たれがちですが、実は他の脱毛部位と同じように、たくさんの女性たちがキレイになることを目指して、脱毛サロンに通っています。

濡れるという心配は全く無いので、VIO脱毛をしてより美しくなりたいと考えているのであれば、躊躇することなく脱毛サロンに足を運んでみましょう。